止まった身長も伸ばすことができる。

しっかりした方法を実践し、その時期を間違えなければ、再び伸ばすことができるのを知っていますか。

 

止まった身長を伸ばす事ができるのかという判断で、最も重要なのは骨端線の状態。

 

実際にどういうことなのか、

成長期や思春期と子供の身長の関係性について簡単説明しますので、参考にしてください。

止まった身長を伸ばすのは、どの時期なのかが非常に大切です。

子供の身長が止まってしまった。

身体測定の結果が良くなかった・・・まだ身長が低いし、もっと大きく成長させてあげたい。

 

身長を伸ばしてあげたいと考えているお母さんも多いと思いますが、その際に問題になるのがどのタイミングで身長が止まったのかということ。

 

お子様の身長が止まったと感じても、

小学生や中学生ならまだ再び伸ばすことができる可能性はありますが、もし女子高校生だったり大学生だと厳しい状況かも。

 

子供の骨の成長時期が重要で、

成長期や思春期が終わると骨の骨端線が閉鎖してしまい、身長を伸ばす仕組みがなくなってしまうんです。

 

骨端線が閉鎖した状態では、

止まった身長を伸ばそうと努力をしても、間違いなく身長を再び伸ばすことができません。

無駄な努力で終わってしまいますので、骨端線が閉鎖しているなら諦めましょう。

 

骨端線の有無に関しては、

レントゲン写真を撮ると判断できますが、基本的には男子は17〜18歳、女子は15〜16歳で閉鎖すると言われていますので、それを参考にしてください。

子供の身長が止まった理由が成長ホルモンの分泌量不足の場合

成長期や思春期になると、

子供の身長が急激に伸びることになりますが、特に身長が急激に伸びるのは、成長期や思春期の前半部分。

 

成長ホルモンの分泌量が増え、

性ホルモンと上手くバランスを取ることで骨端線の細胞分裂が活性化され、急激な身長の伸びを実感できます。

 

成長期や思春期が進むと、

身長の伸び幅が徐々に減少してきますので、後半部分の身長の伸び悩みはある程度仕方がないところ。

 

しかし成長期や思春期の前半部分で身長が伸び悩んでいたり、止まってしまうような場合、成長ホルモンの分泌量が少ない可能性があります。

 

成長ホルモンの分泌量を抑制する原因としては、

  • 睡眠の質が悪く、熟睡できていない
  • 夜食を食べて消化する前に寝ている
  • 過度なストレス状態で交感神経が優位な状態
  • 寝具があっておらず、熟睡できていない
  • 栄養不足による成長ホルモンの材料不足

 

これらのことが考えられます。

実際にお子様の状況に応じて対応方法を考えるべきですが、成長期や思春期に身長を伸ばしたいのなら、成長ホルモンの分泌量を増やすことが本当に大切。

 

成長ホルモンの分泌量を増やすには、リラックスした空腹状態でしっかり熟睡できる環境を用意してあげましょう。

 

就寝前の3時間前までに食事は済ませておくこと。

就寝時に胃や腸が消化や吸収などを行う必要もなく、グレリンが分泌される状態であることが大切。

 

グレリンが胃から分泌されることで、

成長ホルモンの分泌量が増える事がわかっていますので、必ず寝る前には夜食などを摂取しない生活習慣に改善してください。

栄養不足が原因で身長が止まった可能性もある!

成長期や思春期の子供でも最近はダイエットをする人がいたり、朝ごはんを食べないような子供も増えています。

お子様がこのような状態であれば、

明らかに栄養不足が原因で身長が止まってしまったのかも・・・と思うかもしれません。

 

実際にはそんなことなく、1日3食しっかり食べている子供でも、実は身長を伸ばす際に必要な栄養素の全てを摂取することができていないこともあります。

 

厚生労働省の発表しているデータからもわかり、子供の身長を伸ばす際に最も大切なタンパク質の摂取量が問題に。

 

1950年:68.0g→1994年:79.7g→2015年:69.1g

これがタンパク質の摂取量の推移状況で、ここ20年で大きくその摂取量が減少しています。

 

これが子供の身長が止まってしまう原因のひとつ。

タンパク質を構成するアミノ酸を原料に、骨の骨端線の軟骨細胞部分で骨の骨格が形成されることで、骨が伸びて身長が伸びていくことになります。

 

タンパク質の摂取量が減少しているということは、それだけ身長が伸びにくい状態になることで、身長が止まってしまう可能性が高まること。

 

最近は野菜や果物などに含まれている栄養素が減少していることもあり、食べ物や食材から摂取できる栄養素が減少し、それも身長が伸び悩む原因になります。

栄養面のバランスの悪化や摂取量の減少が、子供の身長を伸ばすことを妨げてしまいますので、それを回避することも非常に大切です。

止まった身長も思春期や成長期ならまだ伸ばすことが可能。

思春期や成長期までの子供なら、

身長を伸ばす仕組が残っていますので、それを活用することで止まった身長は、まだまだ伸ばすことができる可能性があります。

 

成長期や思春期の子供に大切なのが、成長ホルモンの分泌量の増加と成長に必要な栄養素の摂取。

 

この2点を改善してあげることで、

止まった身長でも再び伸ばすことができる。

このことをしっかり理解しておくことが非常に大切です。

 

小学校低学年までの子供の場合は、

成長ホルモンの分泌量ではなく、身長が止まる原因は明らかに食事での栄養不足。が明確な原因ですので、食事での栄養摂取をしっかり考え直してください。

 

最近の子供は、インスタント食品やレトルト食品、冷凍食品やジャンクフード、ファーストフードなどが好きな子供が増えていますので、これも栄養不足の原因。

これらの食事では、成長に必要な栄養素が摂取できず、脂肪分やカロリーばかりを摂取してしまう事になりますので、本当に気をつけてください。

 

このようなことを気をつけていれば、成長期や思春期の身長を伸ばす事ができる可能性が高まります。

お子様の止まった身長や、急に身長が伸び悩みはじめた場合、さらに伸ばしてあげたい場合には意識的に改善してあげましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


子供の身長を伸ばす方法・無料メールセミナー

子供の身長が伸び悩んでいる原因や、最近の子供の成長の傾向を徹底検証。

そこからわかった改善方法など、成長に役立つ情報を簡単に噛み砕いて紹介!

僅かな時間でも読めるように、簡単にまとめてお伝えしています。

↓↓↓毎朝1〜2分で読める21日間↓↓↓
→お申し込みはこちらからどうぞ!



>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!