有酸素運動を積極的に行なうことは、子供の身長を伸ばす効果を高める効果が期待できることを知っていますか。

有酸素運動を行なうことで、成長ホルモンの分泌促進に効果的なので、成長期の子供にピッタリの運動だと言われています。

運動を行うことで、子供の身長に与える影響や効果を有酸素運動と無酸素運動に分けて紹介しますので、成長期のお子さんをお持ちの方は必見!

有酸素運動が子供の身長に与える影響と効果は?

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

有酸素運動とは、ジョギングやウォーキングなど、ある程度時間をかけて行なう運動のこと。

有酸素運動の体への影響は、体内の一酸化窒素濃度が上昇し、その結果、血行促進効果と成長ホルモンの分泌促進効果があります。

だから、身長を伸ばしたい成長期の子供にピッタリの運動。

例えば、週に3回の30分〜1時間のジョギングやウォーキングを行なうと、運動開始15分後〜運動終了後3時間まで、成長ホルモンが微量ですが、分泌されます。

しかも有酸素運動の場合、ウォーキングでもジョッグでも良いので、体への負担も少なく、特に難しいトレーニングでもないので、運動が苦手な子供でも続けやすいという特徴も。

また45分以上の有酸素運動だと、セロトニンも分泌されるので、精神面にも良い影響があり、健やかな成長に役立つ作用もありますので、積極的に有酸素運動は行うべきです。

無酸素運動は、成長期が終わるまで最小限にした方が身長は伸びる!

9bf3a52800cfc6f933a418d76f94c6e6_s

無酸素運動とは有酸素運動と異なり、筋トレのような運動のこと。

無酸素運動でもスクワットや腹筋のようなものであれば、体内に蓄積した乳酸を分解するために、成長ホルモンの分泌量は増えやすい傾向があります。

しかし、重量挙げやマシーントレーニングのような激しい筋肉トレーニングを行なうと、筋肉の消耗と回復に非常に多くの栄養素が必要になり、成長に必要な栄養素まで消費してしまうことに。

子供の身長を伸ばすという意味では、逆効果になることが多いのが、無酸素運動。

それに筋肉が付きすぎてしまうと、骨を伸ばす際に筋肉が押さえつけることになり、成長しようとする力に逆行することに。

さらに成長期の子供は、筋力をつけるトレーニングを行なっても成長ホルモンは、骨を伸ばそうとするので、筋肉がつきにくいという特徴もあるので、あまりメリットはありません。

パワーアップしたいなら、筋トレよりも身長を5cm高くしたほうが、より効果的ですので、身長を伸ばす有酸素運動の方がおすすめです。

有酸素運動もやり過ぎは禁物。身長を伸ばすには、適度が一番!

b6f949ad21459773372c213176281413_s

子供の身長を伸ばすという意味では、無酸素運動と有酸素運動を比較すると、有酸素運動の方が優れていることがわかったと思います。

しかし、有酸素運動もやり過ぎは厳禁。

例えば、子供が運動後に動けなくなってしまうほど体力を極度に消耗させる運動を行うのは、成長期の子供には大きな間違い。

成長ホルモンや食事で摂取した栄養素が、体力の回復だけに使われてしまい、体の成長に必要な分が不足してしまいます。

そんな日々を繰り返しをしているうちに、成長期が終わってしまい、結局身長が伸びなかったという結果に悲しむことも十分に考えられること。

だから有酸素運動も程々で良いと考えましょう。

有酸素運動を適度に行っていれば、肥満も予防することができますので、運動をすることは大切。

肥満予防は、子供の早熟化を防ぐ事になり、成長期にしっかりと体を作る事ができますので、身長が伸びやすい状況になります。

運動後はしっかりとお風呂に浸かり、疲れを取ったり、リラックスしたり・・・体の回復に努めることも非常に大切。

成長期の子供に無理をさせることは、ケガの原因になったり、正常な成長を妨げる要因になる可能性があります。

これはデータでもわかっており、成長期に激しすぎるトレーニングを繰り返すと身長が伸びにくくなります。

だから、どんな運動でも成長期には程々が一番。

特に身長が優位なバスケットボールやバレーボールでプロ選手を目指すなら、中学生は体を作る期間と割り切って、激しすぎる練習などは、あまり行わない方がよいでしょう。

運動の影響、ストレスの影響・・・様々な部分で身長が伸びるのを妨げられますので、そういったこともあるということを、意識して普段のトレーニングを行なうようにしましょう。

子供の成長には、運動量と食事量のバランスを考えることも大切。

とはいえ、部活やスポーツにのめり込むと、子供は飽きるまで身体を動かし続けたり、あまりにも疲れてしまって、ご飯も食べずに寝てしまうこともあるでしょう。

そうするとどうなるのか?

明らかに成長に必要な栄養素が不足する状態に。

それではいくら身長を伸ばす効果が高い有酸素運動を行っていても、子供の成長を促進することはできません。

子供の身長を伸ばすという意味では、運動・睡眠・食事・ストレスという4つバランスが非常に大切です。

運動だけが突出してもダメですし、食事ばかりを食べすぎてもダメ。

それぞれをバランスよく行うことが基本ですし、激しい運動を行う子供ほど食事量だけではなく、食事の質も意識したいところ。

特に成長期の子供なら、高タンパク質低脂肪を意識しましょう。

運動をすればするほど、筋肉が破壊され、その回復に大量のタンパク質が必要になります。

タンパク質は筋肉を再生したり、体の疲労を回復する際に使われるだけではなく、骨を伸ばす際の原材料にも使われるもの。

だから運動や普段の生活で消費された分以上に、摂取しておかないと身長を効率的に伸ばすことができません。

しかもここ数年は、子供も大人もタンパク質の摂取量が激減していますので、より意識して食事で摂取させることが大切。

運動と睡眠もセットで考える、有酸素運動のあとは睡眠時間の確保も

運動+食事+睡眠の3点セットで考えるようにしましょう。

子供の身長が伸びるのは、睡眠時に分泌される成長ホルモンの影響と、睡眠時に行われる細胞の再生。

だから睡眠時間が不足すると、疲労が蓄積され、身体の疲れも回復できないですし、身長を伸ばすことも非常に苦しくなります。

成長ホルモンは、就寝後3時間に最も分泌され、その後3時間毎に分泌量を減らしながらもピークを迎えますので、中学生でも7〜8時間は確保したいところ。

そして日々しっかり熟睡することで、身体の再生力を高め、どんどん新しい細胞を作っていく。

その前提条件が、有酸素運動であり、食事で摂取したタンパク質です。

睡眠時間をしっかり確保するからこそ、これらの身長を伸ばす仕組みがしっかり作用し、運動の効果を身長という形でも反映できることに。

こういった一連の仕組みを知らずに、運動だけ・食事だけ・睡眠だけ・・・など単体で考えてしまうと、最終的に悩むことになります。

この一連の仕組みを最も簡単に動かす方法こそ、運動です。

運動すればお腹が空きますし、疲れて睡眠時間を確保できるので、簡単に身長が伸びる仕組みを動かすことが可能。

しかし、食事や睡眠からこの仕組みを動かそうとすると、なかなかスムーズに動かすことはできません。

だからこそ、運動でも有酸素運動を軸にする。

そうすることで、子供の健やかな成長と、将来的な身長の高さを手に入れることができますので、ぜひ有酸素運動からはじめてみてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!