小学3年というまだまだ思春期や成長期を意識する前のタイミングが、小学生女子の身長を伸ばす一番大切な時期って本当なのでしょうか。

小学生でもまだまだ小学校低学年とも言えるこの時期に、実際にどのような身長の伸びに変化があるのかを徹底検証。

この時期を逃すと、女子の身長の伸びに大きな影響が出てしまいますので、どうするべきか真剣に考えてあげてくださいね。

小学3年が女子の身長を伸ばす意味で一番大切な時期の理由とは?

女子の身長を伸ばすという意味では、小学3年生が一番大事だと言っても、なかなか理解できないかもしれません。

でもこれは疑いのない事実で、最近話題の成長スパート期もこの小学3年生や小学4年生という時期に訪れる子供が多いんです。

実際に子供の平均身長を紹介したほうがわかりやすいと思いますので、下記をチェックしてみてください。

  • 6歳女子(小学校1年生):115.5cm(6.0cm)
  • 7歳女子(小学校2年生) :121.5cm(5.8cm)
  • 8歳女子(小学校3年生):127.3cm(6.1cm)
  • 9歳女子(小学校4年生):133.4cm(6.7cm)
  • 10歳女子(小学校5年生) :140.1cm(6.6cm)
  • 11歳女子(小学校6年生):146.7cm(5.1cm)
  • 12歳女子(中学校1年生) :151.8cm(3.1cm)
  • 13歳女子(中学校2年生):154.9cm(1.6cm)
  • 14歳女子(中学校3年生) :156.5cm(0.6cm)
  • 15歳女子(高校1年生) :157.1cm(0.5cm)
  • 16歳女子(高校2年生) :157.6cm(0.3cm)
  • 17歳女子(高校3年生):157.9cm

さて、どのタイミングで子供に身長の伸びが始まっていましたか?

少し早いとも思える小学3年生からの3年間が、女子が最も身長が伸びる時期ですので、この間の身長の伸びをどれだけ効率化&最大化できるのかが非常に大切なこと。

その為にも、実際にどのようなことを意識していくのが良いのかをこの記事では、随時紹介していきたいと思います。

小学3年生の身長の伸びは幼少期からの食事で決まる!

身長を伸ばしたり、身体を成長させたりする為には、普段の食事やおやつでどのような栄養素をどれだけ大量に摂取できているのかが大切。

これは成長期が終わるまでの子供の身長の伸びを根底から支える非常に大切なことですが、実際に普段の食生活を振り返って見ると、成長に必要な栄養成分を摂取できていない傾向が。

小学3年生といえば、まだまだ好き嫌いも多く、食も細い子供が多い傾向がありますが、それでも食べなければ子供は成長できません。

子供の身長が最も伸びるタイミングは人生で2回あり、生後半年間と成長期のタイミングだけ。

どちらもどんな栄養状態なのかによって、身長の伸びや成長具合が大きく異なり、栄養状態が良い子供ほど、著しく成長することができます。

栄養状態が良いと言っても、脂肪分やカロリーばかりの食習慣だと全く意味がなく、成長に必要な栄養素をどれだけ効率的に摂取できるのかが大切。

そのためにも、普段の食事やおやつのタイミングで、良質なタンパク質をしっかり摂取するようにしましょう。

これは子供の成長を支えつつ、促進させる本当に基本的な部分ですので、もしあなたが良質なタンパク質を子供に食べさせることができていないのなら、そこは改善すべき。

でもひとつ間違えないで欲しいのは、子供の身長を伸ばすには、牛乳を飲ませなければならないという大きな誤解。

小学3年生の身長を牛乳が伸ばしてくれるのは微妙な話かも?

日本人はなぜか昔から牛乳を飲むこと身長が伸びると考えていますが、これは最近では大きな誤解だということがわかっています。

確かに牛乳を飲むことで、成長に必要なタンパク質やカルシウムを摂取することができますが、これは牛乳以外でも摂取可能な栄養素。

牛乳のカルシウム吸収率は良いと言われていますが、それでも4割程度なので、牛乳に含まれている全てのカルシウムを吸収して、骨に使用できるわけではありません。

そもそもカルシウムの作用は骨に吸着して丈夫な骨を作ることで、骨を伸ばす作用がある栄養素ではありません。

だから牛乳を大量に飲んでも、効率的に身長を伸ばす効果を実感できるということもなく、問題になるのが副作用の乳糖不耐症。

乳糖不耐症とは、牛乳を飲むとお腹が下ってしまう人のことで、最近は乳糖不耐症の子供が増えている傾向が。

これは体質なので、何度も練習して飲んでいればお腹が下らなくなるというものではありません。

お腹が下ってしまうということは、腸で吸収すべき栄養素を吸収する前に体外に排出してしまうということなので、これも成長という意味ではマイナス要因。

さらに乳牛に投与している成長ホルモン剤や生ホルモン、抗生剤や抗生物質などが牛乳に混ざり、子供の成長に悪影響を及ぼす可能性も指摘されています。

実際にニューヨークの小学校では、学校給食のメニューから牛乳を排除していますので、あまり牛乳がオススメではないこともわかるでしょう。

小学3年生からの身長を伸ばすには、良質なタンパク質が一番重要!

牛乳にもタンパク質は含まれていますが、牛乳を飲むならヨーグルト、ヨーグルトならチーズの方が、乳糖不耐症も起こりにくく、栄養素が凝縮されているので栄養源としてはおすすめ。

タンパク質がなぜ重要かといえば、子供の骨が伸びる際に重篤な役割を果たすのが、骨端線と呼ばれる骨の伸びしろ部分。

その骨の伸びしろの骨端線で、最も最初に骨の骨格部分を形成するのに使用されるのが、タンパク質を原料に体内で合成されるコラーゲンだから。

正確にはタンパク質は体内に吸収される際にアミノ酸に分解され、アミノ酸とビタミンCなどが結合することで、コラーゲンが合成されます。

そのコラーゲンがなければ、どれだけ大量にカルシウムがあっても、骨は一切伸びることがなく、骨を伸ばして、身長を伸ばす際には最も大切な栄養素だということ。

こういったことは、栄養学的にはすでにわかっていることですので、少しでも子供の身長を伸ばしたいなら、確実に意識して実践すべきこと。

小学3年生からの身長の伸びを最大化するのは、タンパク質摂取とそのバランスだということを理解しておきましょう。

小学3年生女子のタンパク質補給には身長サプリも必要かも。

それだけ大切なタンパク質ですが、小学3年生の女子の食欲を考える、普段の食事だけで成長に必要な全ての量を摂取するのは難しいでしょう。

でもそこで諦めてしまっては、小学3年生から始まる女子の身長の伸びを最大化することも、効率化することも難しい話。

そこでひとつの考え方として持っておくべきなのは、身長サプリメントを活用してでも、成長に必要なタンパク質をしっかり摂取するということ。

これは本当に大切な話で、ここ最近の日本人のタンパク質摂取量が減少している状況を打開する有効な解決策のひとつ。

ただどんな身長サプリメントを選ぶのかが大切で、間違いなく子供の成長に役立つのは、実際に摂取できる栄養成分を軸に選ぶ身長サプリメント。

これは本当に大切ですので、もし小学3年生からの女子の身長の伸びを最大化したいのなら、そういう商品を選ぶようにしましょう。

その点だけ理解していれば、本当に効果的な身長サプリメントを選ぶことができますが、重要なのは普段の食事+身長サプリメントという考え方

どちらかだけに頼るのではなく、両方で成長に必要な栄養素を補給することで、小学3年生以降の身長の伸びを最大化することができますので、ぜひ忘れないで下さい。

女子の身長の伸びは、小学3年生からの3年間をどう過ごすのかが非常に大切ですので、将来的な低身長のリスクを回避する為にも、この情報をうまく活用してくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!