小学生が夏休み期間中に身長を伸ばす効果的な方法や、実践すべき秘訣にはどのようなものがあるのでしょうか。

科学的根拠がある方法で、成長期の子供の身長の伸びを応援する秘訣を紹介します。

これさえ知っていれば、夏休みに平均的な身長の伸び以上も成長させる事ができますので、ぜひ実践してください。

小学生でも成長期に突入していることを理解する!

身長を夏休みに伸ばしたい小学生がまず最初に理解すべきことですが、小学生でも成長期に突入している子供は多いんです。

特に女の子の場合には、小学校高学年が最も身長が伸びている子供が多く、成長期の中でも身長の伸びのピークが小学生のタイミング。

そして夏休みこそ、普段の生活習慣と異なり、身長をしっかり伸ばすための行動を取りやすい時なんです。

だからこそ、小学生の夏休みをどう過ごすのか?これは非常に大切なこと。

女の子なら小学校中学年、男の子なら小学校高学年のタイミングで訪れる夏休みにしっかりと身長が伸びる仕組みをまわすことが重要です。

成長期の身長の伸び幅は決まっていますので、その前にどれだけ身長をしっかり伸ばせるのか?ということを意識して、夏休みを過ごすようにしましょう。

夏休みに身長を伸ばすなら、とにかく睡眠時間は大事!

小学生の夏休みで身長を伸ばしたいと考えるのなら、まずは睡眠時間を意識することから始めましょう。

出来る限り、早寝早起きの生活習慣にして、規則正しい生活リズムで過ごす

これは基本的なことですが、なかなか実践できない話。

睡眠中に子供の体では、細胞の修復や新しい細胞の作成による身体の成長が進んでいきます。

成長期ほど成長ホルモンは分泌されませんが、睡眠による成長ホルモン分泌効果は、科学的根拠もあるしっかりしたもの。

身長を伸ばしたいなら、睡眠時間の確保と睡眠の質の向上は基本的な話です。

特に入眠後の3時間に2回訪れる成長ホルモンの分泌量が増えるタイミングが重要。

この3時間は、真っ暗で静かな部屋で寝ることをおすすめしますので、子ども部屋で寝るようにすること、睡眠時は電気を消すようにしましょう。

入眠直後の3時間以降もしっかり寝続けることで、身体の休息と再生がしっかり行われるようになるので、睡眠時間を確保することも必須。

小学校低学年なら10時間、中学年や高学年でも8時間半以上の睡眠時間を確保するようにしましょう。

睡眠中に身長を伸ばすためにも運動は行おう!

運動と睡眠には非常に密接な関係があります。

特に夜更かししがちな子供に多いのが、運動不足が原因で体が疲れていないことで、なかなか寝付けない状態。

最近は小学生でもメタボが問題になるほど、体を動かしていない子供が多かったり、幼少期からの運動不足が原因で、若い女性にロコモシンドロームという運動器症候群を発症することも。

子供の頃から体を動かす習慣がないと、運動神経も良くなりませんし、肥満は早熟化の要因ですし、身長が伸びない大きな理由のひとつです。

だから積極的に運動することは大事。

夏ならプールに行くだけでも全身運動になりますし、キャンプや川遊びでも十分な運動になります。

夏休みの子供に必要な運動とは、何かスポーツを行わなければならないということではなく、外遊びと理解してください。

家の中でゲームやスマホで時間を潰すのではなく、体を動かして子供らしく動き回る。

これが夏休みに早寝できる環境を作る要因のひとつ。子供は疲れれば自然に寝落ちしますので、しっかり成長ホルモンを分泌させるためにも、体を動かすことを意識しましょう。

タンパク質を中心にバランス良い食生活にする。

人間の体(骨や筋肉、血管や皮膚など)を作るために、最も必要な栄養素がタンパク質です。

タンパク質が不足すると、子供は大きく成長することができませんが、ここ最近の子供は摂取カロリーこそ多いものの、成長に必要な栄養素が不足している傾向に。

特に成長期前の子供は、口にした栄養素が身長を伸ばす際に、最も大切な要素です。

だから食の細い子供は、身長が伸びないだけではなく、見た目にも不健康に。

そんな状態を避けるためにも、高タンパク質低脂肪の食事、さらに野菜や魚介類もバランスよく摂取することを意識しましょう。

タンパク質と言えば、お肉というイメージが強いかもしれませんが、毎日ステーキのようなお肉が必要なわけではなく、魚介類や大豆製品にもタンパク質は豊富に含まれています。

同じお肉でも赤身の方が脂肪分は少ないですし、ササミの方がさらにカロリーも少なくておすすめです。

さらに様々なタンパク質を組み合わせることで、より効率的にタンパク質を吸収することができますので、食材の組み合わせも意識しましょう。

子供のタンパク質摂取量の減少と低身長が比例している現状がある

小学生の夏休みにしっかり身長を伸ばしたいのなら、この記事を読んだ後に食生活で絶対に意識して欲しい点があります。

それが日々の食生活で、良質なタンパク質をしっかり摂取させること。

実は戦後50年で日本人の平均身長が男女共に10センチほど大きくなったのには、食事で摂取するタンパク質量の増加が、非常に大きな影響を与えていました。

実際のタンパク質摂取量の推移を紹介すると、

  • 1950年→68.0g
  • 1994年→79.7g
  • 2015年→69.1g

そして日本人の平均身長が最も高かったのは、1994年〜2000年にかけてのタイミングで、この数年で徐々に縮み始めています。

だから小学生のタイミングで、しっかりタンパク質を摂取させ、そのまま成長期に突入する事ができれば、その子の持っている身長を伸ばす仕組みを最大化できるということ。

これは栄養学を先行している多くの専門家が、子供の身長を伸ばしたいなら、タンパク質を摂取させるべきと発言していることでも、しっかり裏付けられた話ですので、意識してあげてください。

小学生の夏休みに、さらに効率的に身長を伸ばしたい人におすすめなのが、身長サプリメントを活用すること。

普段の食事+身長サプリメントが夏休みの身長の伸びを加速させる

ここ数年は、子供の身長が伸び悩んでいることもあり、身長サプリメントのような商品が多数販売されています。

子供の身長が伸び悩んでいる理由のひとつに、食事から摂取できる栄養素が減少している点。

食の欧米化が進んだだけではなく、食材に含まれる栄養素が激減していることも、その問題に拍車をかけています。

さらにインスタント食品、冷凍食品、レトルト食品、ジャンクフードなど、栄養素を含まずに脂肪分とカロリーばかりの食材が溢れていることも問題。

家庭で食材から調理しない食べ物には、栄養素がないだけではなく、食品添加物などが大量に使用されていたり、様々な問題を引き起こしかねません。

そこで大切になってくるのが、本当に栄養素を豊富に含んでいる身長サプリメントを選ぶこと。

我が家では、12種類以上の身長サプリメントを徹底的に検証して、カラダアルファを飲ませています。

カラダアルファは、スピルリナのタンパク質を豊富に含有し、実際に摂取できる栄養成分の53.8%がタンパク質。

他にも、子供の成長に必要な栄養成分を豊富にバランスよく摂取することができますので、非常におすすめです。

もしあなたが、小学生の夏休みに身長をしっかり伸ばしたいと考えるのなら、普段の食事にカラダアルファを追加して飲むようにしましょう。

そうすることで、あなた自身が持っている身長を伸ばす仕組みを最大化することができますよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!