ここ数年、日本人の子供の早熟化が進行し、小学生のタイミングが最も身長が伸びる時期になりつつあるという噂があります。

特に女の子の場合、初潮や生理は早く始まりすぎ、早熟化の影響で身長が伸び悩み、低身長で悩んでいる子供が増えています。

実際にどうなのか?小学生の身長の伸びデータも踏まえて、小学生の時期に身長をしっかり伸ばす方法を紹介します。

小学生が最も身長が伸びる時期だというのは本当か?

実際に男女別の身長の伸び率を紹介すれば、どのような傾向があるのかが明確になると思います。

男の子の年間の身長の伸び幅は、

  • 6歳:5.8cm
  • 7歳:5.2cm
  • 8歳:5.1cm
  • 9歳:5.0cm
  • 10歳:5.3cm
  • 11歳:6.3cm
  • 12歳:6.8cm
  • 13歳:5.8cm
  • 14歳:4.0cm

女の子の年間の身長の伸び幅は、

  • 6歳:5.6cm
  • 7歳:5.3cm
  • 8歳:5.4cm
  • 9歳:5.8cm
  • 10歳:6.2cm
  • 11歳:5.5cm
  • 12歳:3.8cm
  • 13歳:2.2cm
  • 14歳:1.0cm

男の子の年間の身長の伸び幅は11〜13歳、女の子の年間の身長の伸び幅は9〜11歳にピークを迎えることがわかります。

特に女の子の場合、小学生が最も身長が伸びる時期にあたるということが顕著にわかりますよね?

男の子の場合も、最も伸びる時期は、11歳と12歳なので小学生の高学年のタイミングが大事。

日本の早熟化がどんどん進行して、小学生の身長の伸びがピークになっている。

先ほどの身長の推移データでも分かる通り、身長が伸びるピークは小学生のタイミング。

以前は男の子のピークは中学生くらいのイメージだったと思いますが、現在では小学生でも高学年のタイミングになってきています。

元々、女の子の成長期のピークは小学校高学年というイメージがあったと思いますが、現在は10歳なので小学校4年生ということ。

そのタイミングで身長の伸びのピークが来るということは、初潮はそれよりも早い段階で来ている事が多いという話です。

晩成型になることは、健康上のデメリットは一切ありませんが、早熟化が進行しすぎると、身体の発育に大きな問題を抱えることに。

それが低身長であり、女の子の場合は妊娠可能年齢の低下や、将来的な更年期障害の低年齢化を招くことも考えられます。

なぜ日本人の早熟化がここまで進行してしまったのでしょうか?

小学生の早熟化が進む原因のひとつに睡眠不足がある。

小学生の早熟化がここまで進行した原因のひとつに、慢性的な睡眠不足の状態があります。

以前であれば、夜中のコンビニやファミレス、居酒屋などに小さな子供がいることはなかったと思います。

核家族化が進んだことにより、小さな子供を預けることができずに、一緒に連れて行く機会が増えていると思いませんか?

いろいろなところに連れていき、社会見学や体験をさせることも大切かもしれませんが、それが原因で慢性的な睡眠不足になっています。

特に先進諸国でも日本人の子供の短眠は非常に顕著で、3歳の段階でもニュージーランドと比較すると、毎日100分も睡眠時間が短いという調査報告も。

これが何を意味しているのか?

睡眠不足や睡眠習慣が悪化すると、メラトニンの生成力が低下します。

メラトニンは睡眠ホルモンとしても有名ですが、性ホルモンの分泌を抑制するという作用もあります。

性ホルモンの分泌量が増え、一定量を超えると成長期に突入し、大人の身体に変化します。

しかし性ホルモンの分泌量が小学生で増えすぎることで、早熟化を進行させ、成長期の訪れと終わりを早くしてしまうことで、身長の伸びも止まります。

毎日100分ということは、1ヶ月で3000分、つまり毎月50時間も睡眠時間が短いことに。

年間で600時間、10年で6000時間も慢性的な睡眠不足であるということも考えられるわけです。

これが日本人の早熟化をここ数年で急激に進行させているひとつの要因。

肥満体型やぽっちゃり体型の小学生も早熟化傾向が強まる

それともうひとつの早熟化の原因は、肥満体型やぽっちゃり体型の小学生が増えているということ。

昔のように外遊びをしなくなったり、運動習慣がなく食事もインスタント食品やレトルト食品などの加工食品ばかりを食べる子供が増えています。

これらの食品は、手軽で格安というメリットがありますが、成長に必要な栄養素がなく、高脂肪、高カロリーなだけになっていることを知っていますか?

そんな食生活で過ごし、運動をしなければ、子供の摂取カロリーと消費カロリーのバランスが乱れ、肥満体型の子供が増えるのも納得できます。

子供用の肥満外来や、生活習慣病に悩む子供が激増し、ガイドラインまで制定されるほどの状態なんです。

実は脂肪を原材料に性ホルモンが生み出され、分泌されますので、その原材料が多ければより効率的に性ホルモンを分泌することができることに。

だから肥満体型やぽっちゃり体型の子供は、早熟化が傾向が強く、身長が伸びにくい状態になっています。

これが今の小学生が置かれている現状。

そういった現在だからこそ、しっかり考えてあげないと身長が伸びないまま、成長期が終わってしまい将来的に低身長で悩むことに。

小学生でしっかり身長を伸ばしたいなら、身長サプリメントも重要。

最近の小学生はこれだけ身長が伸びにくい状態ですし、小学生の内に身長が伸びるピークがやってくる。

となるとそのタイミンングで、身長をより効率的に伸ばす方法を実践することが必要になってきます。

そこでおすすめなのが、身長サプリメントで成長に必要な栄養素を補うという考え方。

成長期の子供が身長をしっかり伸ばすためには、タンパク質をしっかり摂取することが大切。

高タンパク質低脂肪で、栄養バランスに優れた食生活を実践したい所ですが、年齢的にダイエットを気にしたり、食事量が増えなかったりする時期でもあります。

だからこそ、身長サプリメントで効率的にタンパク質やその他の栄養素をバランスよく摂取することが重要に。

私が10歳以上の小学生におすすめしたいのは、カラダアルファという身長サプリメント。

カラダアルファは実際に摂取できる栄養素の53.8%がタンパク質。

しかも栄養吸収率95%以上のスピルリナを原材料の4割も使用し、しっかり吸収できることもわかっている商品。

国内で販売されているサプリメントでも、わずか3〜5%しか製薬会社の工場で作られていませんが、カラダアルファもそういった安全性の高いサプリメントのひとつ。

だから小さな子供でも安心して飲ませることができますし、品質管理や原材料に関する不安もないということを自信を持ってお伝えできます。

実際にカラダアルファを飲んでいることで、止まった身長が伸び始めたり、グンと小学生のタイミングで身長を伸ばすことができた人も多い、評判も評価も高い商品です。

実際に摂取できる栄養素や原材料をチェックすると、カラダアルファが本当に信頼できる商品だということがわかりますよ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!