女の子の場合、初潮や生理が始まると身長が伸びないと誤解している人がいますが、まだまだ伸びます。

ただ生理が始まったということは、体が大人に向かって変化しているということ。

だから、より身長を効率的に伸ばす生活習慣を意識することで、身長を伸ばす仕組みを最大活用することが大切です。

初潮や生理が始まったのは、骨端線が閉じるサイン

4221220bc13886d6cae8e176d67d5654_s

最近よく言われていたり、女の子で不安になることが多いことに、生理がきたら、もう身長が伸びないのではないか?という話があります。

確かに大人の身体に変化しているとうことなので、少し不安になる人もいるでしょう。

でも生理がきても統計データでは、平均6センチほどは身長が伸びる事がわかっていますので、生理=身長のストップではありません。

ただ生理が始まるというのは、体の中で大きな変化が起こっている証拠。

生理は卵巣から分泌されたエストロゲンが、子宮内膜に作用することで起こる現象。

エストロゲンには、生理を起こすだけではなく、骨年齢を上昇させる作用もあり、それが骨端線を閉じさせることに繋がります。

だから、身長の高さにも関係している骨端線が閉じるサインと受け取ることもできますので、止まるのが近いと理解するのは、間違っていません。

実際に骨年齢が上昇し、骨端線が閉じてしまえば、あなたがどんな努力をしても、1mmも身長を伸ばすことはできませんので、凄く大切な話。

だから骨端線が完全に閉じる前に、少しでも身長を伸ばす可能性がある事を実践すべき。

生理がきても身長は伸びる、最終身長を計算する方法

0b52978ebcbd2e6e84c3b9a45de87ea7_s

では、どのくらいの身長になるのか?

まずはこの計算式で、最終的な身長を予測してみましょう。

最終的な身長=(初経時の身長×0.983)+(30-初経年齢×1.58)

どうでしたか?

最終身長のイメージはつきましたか?まだまだ伸びしろが残っていますよね?

生理と同様に大事なのが、生理がきたタイミングの身長の伸び方です。

すでに、身長の伸びが低下や鈍化している場合、その傾向に拍車が掛かる可能性がありますので、テコ入れが必須です。

そのままの状態で放置してしまうと、先ほどの計算式で出た最終身長まで届かずに、止まってしまう可能性もあります。

そうなったら、悲劇だと思いませんか?

だからこそ、身長を伸ばすことを意識した生活習慣に切り替えることが大切。

その為にも注意すべき生活習慣を紹介します。

生理が始まったら、こんな生活習慣を意識しよう!

5bcc4d6b0a9ca8692399ce6b4e749f12_s

生理がきても、身長を伸ばすために大事なことは変わりません。

「睡眠時間と睡眠の質の確保」、「適度な運動を行うこと」、「バランス良く栄養補給する」、「ストレスを溜めない」という4つの事。

このすべてを、意識的に改善することが大切。

特に残された期間が短い事もあるので、成長ホルモンをどのように大量に分泌できるのか?と睡眠と栄養面を意識しましょう。

その為にもあなたの現状に合わせた微調整が必要です。

もしぽっちゃり体型や太り気味の場合には、それ自体が早熟化の要因で、思春期の終わりを早めてしまう結果に。

だからダイエットに挑戦して、標準体型を目指しましょう。

と言っても、食事制限をするのではなく、少し体を動かすこととよく眠ること。

実は成長ホルモンをしっかり分泌することで、脂肪燃焼効果もあり、健康的に痩せることができます。

あなたは寝ているだけなのに、成長ホルモンがしっかり分泌できれば、身長を伸ばす効果とダイエット効果の両方を手にできるんです。

これほどラッキーな事はありません。

急に夜型の生活を変えるのは難しいかもしれませんが、朝早起きすれば自然と夜は眠くなるもの。

まずは、朝早く起きることに取り組んでみてください。

そのうえで、散歩をしたり、ストレッチをしたり、朝から優雅に過ごしたり、時間の使い方を変えていきましょう。

そして、しっかり朝ごはんを食べてから学校に行く。

そうすることで、体の中の身長を伸ばす仕組みを最適化できます。

生理が来てからの1〜2年が勝負です。

そこで身長が伸びなければ、もうかなり難しいと思います。

身長を伸ばすことができるタイムリミットが迫っているということを理解して、後悔のない生活習慣に切り替えてくださいね。

初潮や生理が始まった年齢も、身長には凄く大事な要素!

最近少し問題になっているのが、小学校低学年で初潮や生理が始まってしまう女の子がいるということ。

これは明らかに異常な状態。

もしそのまま放置してしまい、先ほどの計算式や統計データで考えると、身長が6センチとか7センチしか伸びないのであれば、140cm以下の低身長で止まることに。

そんな状態では、日常生活に影響が出たり、将来的に妊娠や出産に悪影響を及ぼす可能性すら考えられます。

もしお子さんがそのような状態なら、一度病院で診察を受ける必要があるかも。

ホルモン剤を注射したり、薬を服用したりすれば、骨年齢の上昇を予防したり、性成熟の速度を遅くすることもできます。

まずは小児科を受診すれば、その後のことは明確になるはずですので、明らかに低年齢で初潮や生理を迎えた時は、医師に相談することも考えましょう。

逆に中学生(2〜3年生)になっても初潮や生理がこないなら、これもこれで成長に問題が起こっているかもしれません。

性成熟は遅くとも健康的には問題がありませんが、成長が明らかに遅れているようであれば、一度診察を受けておけば、将来的にも安心でしょう。

健康や成長に問題がなければ、それだけ大きく成長できるという話ですので、栄養素をしっかり摂取して、身長が伸びる仕組みを最大化しましょう。

栄養面の摂取にサプリメントを活用するのも方法のひとつ

一般的に成長期に入ると、子供の成長に必要な栄養素の全てを食事だけで摂取するのは、難しいと考えられています。

いくら大量のおかずがあっても、子供が食事で食べられる量はある程度決まっていますし、食べすぎてしまって肥満体型になると、身長が伸びにくい状態になりますので逆効果。

さらに思春期や成長期の子供には、ふたつの栄養素が必要だということも重要な考え方。

  • 普段の生活に必要な栄養素
  • 身体を成長させる為に必要な栄養素

だからこそ、普段の食事で脂肪分やカロリーではなく、どんな栄養素を摂取できるのか?ということが非常に大切になります。

しかし、成長期の子供は本当に多くの栄養素を必要としますので、食事だけでそのすべてを補うのは難しい話。

だからこそ、普段の食事+サプリメントという組み合わせで考えてあげることも大切。

その際には、成長に必要なタンパク質を中心に、様々な栄養素をバランスよく摂取できるもので、天然成分を原材料にしたものから選んであげてください。

天然成分と合成成分では、体内への吸収率も実際に体内での作用も大きく異なります。

だからこそ、しっかり作用する天然成分を原材料にした総合栄養バランス型のサプリメントがおすすめ。

生理がきたら、身長が伸びる時間はあまり残されていませんので、その間にどれだけ効率的に身長を伸ばせるのか?という考え方が大事です。

将来的に低身長で悩まないためにも、残された時間で効率的に身長を伸ばす方法を実践していきましょう。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!