夜更かしの生活習慣は、子供の身長や成長に悪影響を与えてしまうことがわかっており、非常に避けるべき状態。

幼少期から慢性的な夜更かしの生活リズムで過ごしていると、睡眠不足による成長ホルモンの分泌量が減少するだけではなく、成長期が短くなるという状況に。

成長期だけではなく幼少期から慢性的な睡眠不足が続くことは、子供の成長に悪影響しかないので、避けるべき状態だと理解しましょう。

夜更かしで睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌量が減少する

a7a2c9413eaf448b669ce6ed3e258721_s

昔から、寝る子は育つと言いますが、これは睡眠時に最も成長ホルモンが分泌されるから。

成長ホルモンの分泌量は、何時に寝たのか?どれだけ質の高い睡眠をとることができたのかで、大きく変わります。

特に22時〜2時の間に3時間ほど熟睡できることが、最も大量に成長ホルモンを分泌できる必要条件のひとつ。

もしあなたが、その時間帯にしっかり熟睡していないのであれば、成長ホルモンの分泌量が減少している可能性が高いことを理解しましょう。

成長期の急激な身長の伸びは、成長ホルモンの分泌量の影響を受けますので、将来的に低身長で悩む原因になるかも。

でも子供の頃は、ゲームが楽しかったりとか、やりたいことがありすぎてとか・・・様々な理由で寝るよりも起きていたいもの。

そんな生活習慣を続けることは、何らメリットがないのに、なかなか簡単にそのリズムを変えられないですが、絶対に改善すべき状況だと理解してください。

夜更かしして、夜食を食べるとさらに身長の伸びが悪化することに。

d8da4019a27184c3141f5598a33413f4_s

夜更かしは、ただでさえ成長ホルモンの分泌量に悪影響を与えるのに、夜更かしして夜食を食べてしまうと最悪の状態に。

でも学生の頃に食べる夜中のカップラーメンとか、すごく美味しいですし、癖になってしまうんですよね。

夜食を食べると、体内ではどのような変化が起こるのかといえば血糖値の上昇ですが、血糖値が上がることで、どんな影響が出るのかを知っていますか?

それは成長ホルモンの分泌量が減少するというもの。

実は成長ホルモンは、血糖値が下がった状態の方が分泌がしっかり行なわれることがわかっていますので、寝る2時間前には何も食べないようにするというのが基本。

でも夜更かしして、夜食を食べて、さらにそこから2時間待って寝ていたら、完全に朝起きれません。

眠い目をこすって起きたら、もう学校に行く時間。

朝食を食べる余裕もなく出かけると、午前中の事業に集中できなくなりますし、活動エネルギーが不足することに。

そんな生活習慣では、丈夫で健康な体を作ることができないのも当然ですし、成績も悪くなりがちなので、注意が必要です。

幼少期からの夜更かしは、早熟化に拍車をかける

baf59dacaf2c90b9482cd62b75958def_s

さらに問題になっているのが、幼少期からの夜更かし(慢性的な睡眠不足)です。

日本人は、早熟傾向の高い民族ですが、その早熟化傾向に拍車をかけるのが、夜更かしや睡眠不足などの悪い睡眠習慣。

夜更かしをして幼少期から睡眠不足が続くと、思春期が早くなり、そしてあっという間に終わってしまいます。

幼少期から夜更かし習慣は、思春期や成長期の終わりが早くなり、身長を伸ばす期間が短くなるという問題を引き起こす原因に。

成長期には、1年で6〜10cmほど身長が伸びる子供が多いですが、その1年がなくなったらどうなるのか?

考えなくともわかりますよね?

実は日本人は欧米人に比べると、男女ともに思春期の到来が1年以上早いので、それが最終身長の違いにそのまま当てはまっている状態です。

さらにもう1年早まったとしたら、もう考えたくない結果ですよね?

でも子供の睡眠不足は知らぬ間に始まっているものですし、周りの子と同じ生活習慣だからと安心しているのが、一番の間違いかも。

日本人の睡眠不足は、先進国で最も進んでいる国のひとつなので、周りの子供と一緒なのは、単なる睡眠不足の状態だという話です。

最近、低身長で悩んでいる子供が多いのは、幼少期からの慢性的な寝不足が大きく影響しています。

基本的なことですが、それを改善できない以上は、どんな工夫をしても、子供の身長を大きく伸ばすのは難しいでしょう。

逆に睡眠不足を解消し、幼少期から10時間以上寝るような生活をしていれば、自然に大きな子供に成長できる環境にいるということ。

どちらが良いのか?お子さんの将来のためにも、しっかり考えてあげてください。

夜更かしを改善するには早起きからはじめよう!

子供の夜更かしが成長にどこまで悪影響を与えるのか、ということが良くわかったと思いますが、夜更かしのような生活習慣を改善するのは大変です。

でもお子様の年齢にもよりますが、最も簡単なのは早起きから始めること。

早起きをして朝陽を浴びる生活習慣で過ごせば、体内時計もリセットされて、朝陽を浴びた15時間後から、睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されるようになります。

メラトニンの分泌量が増えると、入眠がスムーズになりますので、子供の寝付きが改善されます。

それに合わせて、昼間に身体を動かすようにすれば、より疲れてすぐに寝てしまうことに。

最初はグズってなかなかできないかと思いますが、でも少しずつでも改善していかないと、思春期や成長期の到来が早まり、身長が伸びにくい状態に。

小学校高学年や中学生なら、30分ずつ早く寝るような生活習慣に改善していきましょう。

30分早く寝るというリズムで10日ほど過ごせば、それが普通になりますので、そこからまた30分早く寝る。

これの繰り返しで、2ヶ月もすれば2時間ほど早く寝付くことができるようになるでしょう。

そうやって半ば強制的にでも改善していかないと、睡眠不足による成長ホルモンへの悪影響を避けることができませんので、本当に意識的に改善してあげてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!