にぼしをたくさん食べると身長が伸びると言われていますが、本当なのでしょうか?

煮干しのように、魚の骨まで食べることで得られる豊富な栄養素とは?

子供の頃から魚をたくさん食べることで様々なメリットがありますので、お肉ばかりたべるのではなく、おやつなどにも煮干しも食べるようにしましょう。

にぼしを食べることで得られる栄養素とは?

9c2db0d6a51d724756c1a96d380085e1_s

100gあたりの煮干しに含まれる栄養素を、まず最初に紹介すると・・・

  • カロリー:332kcal
  • タンパク質:64.5g
  • 脂質:6.2g
  • ナトリウム:1,700mg
  • カルシウム:2,200mg
  • マグネシウム:230㎎
  • 鉄分:18mg
  • ビタミンB1:0.10㎎
  • ビタミンB2: 0.10㎎
  • ビタミンB6:0.28㎎
  • ビタミンB12:41.3μg
  • 葉酸:74μg
  • パントテン酸:1.81㎎
  • ビタミンD:720μg
  • DHA:0.42g
  • EPA:0.26g

まだまだ他にも沢山の栄養素が含まれていますが、にぼしを食べるとカルシウムが豊富という印象が強いと思いますが、注目すべきはタンパク質の含有量の多さ。

煮干しは乾物最強と言われるほど、タンパク質含有量の高い食品です。

にぼしを食べすぎると副作用やデメリットはあるのか?

にぼした高タンパク低脂肪の食材ですが、気になるのがナトリウムの含有量。

つまり塩分のこと。

100gあたりの煮干しには、1,700mgもの塩分が含まれてますので、塩分過多には注意が必要。

最近では減塩タイプのにぼしもありますが、やはり塩分が含まれていますので沢山食べすぎないように注意は必要です。

乾物で最も豊富なタンパク質を多く含んでいるのと同時に、実は乾物で最も高塩分なのも特徴のひとつ。。

30gあたり1.86gの塩分を含んでいいますので、1日あたりの塩分摂取量が大人でも7g(女性)や8g(男性)なので、他の食事とのバランスも大切です。

塩分過多は、むくみや高血圧を引き起こす原因となりますし、幼少期からの食習慣で味覚が形成されるので、大量摂取には注意しましょう。

にぼしと牛乳ではどちらが身長を効率よく伸ばす効果が高いのか?

にぼしに含まれているタンパク質の含有量の多さは、先ほどの数値からもわかったと思います。

牛乳とにぼしは、よくカルシウム含有量が多いことで身長を伸ばす効果が高いと言われてきましたが、にぼしと牛乳には大きな違いがありますので、体質によっては確実に煮干しが良いでしょう。

牛乳には必須アミノ酸とビタミン類、ミネラル類を豊富に含んでいるという特徴がありますが、乳糖不耐症という体質的に牛乳が飲めない人や脂肪分が多いために飲み過ぎには注意する必要があります。

牛乳よりもタンパク質の含有量が多く、DHAやEPAも豊富に含んでいるにぼしには、血液サラサラ効果や骨を作る材料としての効果が期待できます。

身長を伸ばすという意味では、牛乳よりも栄養素的にも、にぼしの方が優れていると考えて間違いないでしょう。

鶏肉や豚足、大豆類などのアルギニンを豊富に含んでいる食材と、にぼしをあわせて摂取することで成長ホルモンの合成や分泌が促進されます。

そして、にぼしに含まれているタンパク質が骨を伸ばす際の原料としても役立ちますので、しっかり摂取することが大切。

子供の身長を伸ばす際に大切な、骨端線とアルギニンと成長ホルモン。

さらに、にぼしと骨への刺激(運動)を上手く掛け合わせることで、より効率的に子供の身長を伸ばすことができますので、ぜひ子供のおやつには、にぼしも食べさせるようにしましょう。

にぼしの1日の適正な摂取量は30g程。

にぼしをそのまま食べてもよいですし、どうしても煮干しの味が苦手な子供の場合には、お出しに煮干しを使うことでも、にぼしに含まれているタンパク質やその他の栄養素を摂取することができます。

スナック菓子よりも、にぼしやナッツ類などをおやつに与えることが、子供の身長を伸ばすことに繋がります。

子供は甘いスイーツやスナック菓子を喜んで食べがちですが、身長を伸ばすという意味では逆効果なので、そういったものは避けるようにしましょう。

煮干しに合わせて、小魚や大豆製品を食べるようにしよう!

煮干しと言えば、どちらかと言えばおやつ感覚で食べられるものですので、ご飯のおかずというイメージはすくないでしょう。

普段のおかずという意味では、煮干しではなく、ししゃもなどの小魚や小さめの鯖やイワシなどがおすすめ。

肉類よりも脂肪分やカロリーが少なく、効率的に成長に必要な栄養素を摂取できます。

ただ動物性のタンパク質ばかりだと、身長を伸ばす効率が高まりませんので、大豆製品を食べることで、食物性のタンパク質を摂取することも大切。

動物性と食物性のタンパク質を組み合わて摂取すると、体内での作用もより効果的ですので、偏らないように気をつける必要もあります。

肉類だけでしかタンパク質を摂取しないよりも、煮干しや小魚を摂取することは意味がありますが、食物性のタンパク質を組み合わせることも忘れないでください。

子供の身長を伸ばすには、本当に様々な栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

その為にも、食材の組み合わせや相性も考えて、その効率を高める意識も持っておきましょう。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!