縄跳びに身長を伸ばす効果がないっていうのは、本当なのでしょうか?

ジャンプをすると身長を伸ばすのに効果的で、エア縄跳びがいいよ!という話も聞きますが、実際にはどうなのでしょうか?

運動で身長を伸ばす際の注意点には、どのようなものがあるのかも含め、縄跳びの身長に対する効果も紹介します。

縄跳びだけを行なっても身長を伸ばす効果がない理由とは?

縄跳びやジャンプをし続けると、身長が伸びると信じている人がいるようですが、実は人間は縄跳びをしているだけでは、身長が伸びないんです。

なぜそう断言できるのか?

それはボクサーのトレーニングに縄跳びがあるから。

ボクシングのような階級別のスポーツでは、選手はかなり激しい減量をして試合に望みますよね?

ボクサーにとって、身長が高いということは体重も増えることになり、試合で勝つためにはデメリットでしかないのです。

マイク・タイソンのトレーナーだったり、モハメド・アリにもトレーニングの助言を行っていたカス・ダマト氏も、練習の際に縄跳びを一切禁止していません。

でもランニングの際には、マイク・タイソンに重りを背負わせて、身長が伸びないようにしていたという逸話もあるのに。

これが縄跳びの実際の効果。

だから、エア縄跳びをして身長を伸ばそうとしても無理ってこと。ではどうすればよいのか?運動で身長を伸ばす際の注意点を紹介します。

子供が運動で身長を伸ばす際の注意点とは?

そもそも縄跳びで身長が伸びるという話は、運動により骨に縦方向の刺激を入れると、骨端線の伸びに良い効果があるから。

しかし骨端線は一定の刺激に対しては、凄く飽き性です。

同じ刺激ばかりだと、それを刺激と感じなくなり、骨を効率的に伸ばす事ができません。

縄跳びをしたことがあるならわかりますが、一定のリズムで同じ行動を繰り返しているだけですよね?

それだと骨端線にとっては、成長につながるような良い刺激になりません。

では、どんな運動が骨端線にとって良いのか?

ジャンプしたり、急に止まったり、ダッシュしたり・・・様々な変化や刺激がある運動が良いんです。

その変化が骨端線に様々な刺激を与え、より効果的に身長を伸ばすことに。

もしあなたが運動で身長を伸ばしたいのなら、様々な動きを行うトレーニングや練習を行うのが良いでしょう。

ジャンプしたり、急に止まったり、ダッシュしたり・・・という動き、これを実際にしている代表的なスポーツと言えば、バスケットボールやバレーボールだと思いませんか?

だからバスケットボール選手やバレーボール選手には、高身長の人が多いというのも納得です。

ただこれはあくまでも身長を伸ばしやすい運動であるだけで、バスケットボールをすれば誰でも身長が高くなるということではありませんので、その点は誤解しないようにしましょう。

縄跳びでもまったく運動をしないよりは、運動するだけ良い効果はある

身長を効率的に伸ばすという意味では、縄跳びは効果的な方法ではないということをお伝えしましたが、運動習慣がまったくないのなら、縄跳びでも一定の効果があります。

運動習慣がなければ、成長に必要な骨端線への刺激も入りませんし、運動時に分泌される成長ホルモンも活用できません。

成長ホルモンは睡眠時に大量に分泌されますが、実は運動開始後15分〜終了後3時間ほど、非常に僅かですが分泌されることがわかっています。

微量でも、成長ホルモンは積み重ねが非常に大切ですので、縄跳びをするメリットはあります。

でも効率的に身長を伸ばしたいなら、縄跳びよりも追いかけっこや鬼ごっこのような遊びの方がおすすめ。

逆に筋トレや激しすぎる運動は、子供の成長を阻害する要因にもなりますので、適度に体を動かすこと、継続的に体を動かすことの方が大切。

子供が効率的に身長を伸ばすには、運動単体で考えるのではなく、栄養面も考えてあげることが大事です。

運動をしたら、その分の栄養補給も意識することが必要!

運動をして寝るだけでは、人間の体は大きく成長できません。

運動をしたら、その分以上に栄養補給を意識的に行う必要があります。

普段と同じ食事内容で運動だけ追加した場合、運動で傷ついた細胞や筋肉の修復に大量の栄養素やエネルギーが使われてしまい、新たに身体を作る分のエネルギーや栄養素が不足することに。

成長期の子供には、摂取すべき栄養素が実は2つあります。

  1. 普段の生活で傷ついた細胞や筋肉などの修復用の栄養素
  2. 骨や筋肉、靭帯や皮膚などの体が成長するための栄養素

この2つの栄養素が必要だからこそ、運動だけ追加した場合は、栄養不足になり身長が伸びないという残念な結果になることも。

でもそこまで食事量が増やせないという人がいるのも事実。

さらにどれだけ大量に食べても、最近の食材には体の成長に必要な栄養素が不足しているものも多いんです。

そこで大事考え方が、「普段の食事+サプリメント」。

食事で補いきれない栄養素はサプリメントで補う。この考え方を持っていれば、成長期にしっかりと身長を伸ばす事ができるでしょう。

身長を伸ばす際に大事な栄養素はタンパク質!

もし身長を効率的に伸ばしたいのなら、タンパク質を中心に様々な栄養素をバランスよく摂取することが必要。

タンパク質にも、動物性のタンパク質と植物性のタンパク質がありますので、これらを組み合わせて摂取することで、体内での作用をより効率的に行うことができます。

骨を伸ばす際に必要な栄養素は、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKの6つ。

しかし最も最初に必要になるのがタンパク質のアミノ酸なので、それが不足することで、どれだけ他の栄養素を大量に摂取しても意味がありません。

タンパク質は、ホルモンの原料になったり、骨以外にも臓器や皮膚、靭帯や血管などの原材料としても使われるもの。

だからこそ、成長期の子供には、積極的な摂取が推奨される栄養素です。

ただお肉ばかりを食べ、脂肪分やカロリーも同時に大量に摂取すると、肥満の原因にもなりかねませんので、どんな食材からタンパク質を摂取するのかは、凄く大切なこと。

そのあたりの事もしっかり考えて、成長に必要な栄養素を補ってください。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!