縄跳びに身長を伸ばす効果がないって本当なのでしょうか?ジャンプするのが身長を伸ばすのに効果的で、エア縄跳びがいいよ!という話も聞きますが、実際にはどうなのか?運動で身長を伸ばす際の注意点とはどのようなものがあるのかを紹介します。

縄跳びだけを行なっても身長を伸ばす効果がない理由とは?

縄跳びやジャンプをし続けると、身長が伸びると信じている人がいるようですが、実は人間は縄跳びをしているだけでは身長が伸びないんです。なぜそう断言できるのか?それはボクサーのトレーニングに縄跳びがあるからです。

ボクシングって、階級別のスポーツで選手はかなり激しい減量をして試合に望みますよね?そこで身長が高いことは体重も増えることになり、ボクサーにとってはデメリットでしかないのです。

マイク・タイソンのトレーナーを務めていたり、モハメド・アリにもトレーニングの助言を行っていたカス・ダマト氏も練習の際に縄跳びを一切禁止していないんです。でもランキングの際にはマイク・タイソンに重りを背負わせて身長が伸びないようにしていたにも関わらずですよ。

これが縄跳びの実際の効果なのです。つまりエア縄跳びをして身長を伸ばそうとしても無理って話です。ではどうすればよいのか?運動で身長を伸ばす際の注意点を紹介します。

運動で身長を伸ばす際の注意点とは?

そもそも縄跳びで身長が伸びるという話は、運動により骨に縦方向の刺激を入れると骨端線の伸びに良い効果があるという事を期待しての話です。しかし骨端線は飽き性なんです。

つまり同じ刺激ばかりだと、それを刺激と感じなくなり骨を効果的に伸ばすこともないんです。縄跳びって一定のリズムで同じ行動を繰り返しているだけですよね?それだと骨端線には刺激にならないんです。

では、どんな運動が良いのか?

それはジャンプしたり、急に止まったり、ダッシュしたり…様々な変化がある運動が良いんです。その変化が骨端線に様々な刺激を与えることになり、より効果的に身長を伸ばす結果に繋がります。

だからもしあなたが運動で身長を伸ばしたいのなら、様々な動きを行うトレーニングや練習を行うのが良いでしょう。

先程のジャンプしたり、急に止まったり、ダッシュしたり‥という動き、これを実際にしている代表的なスポーツと言えば、バスケットボールだと思いませんか?だからバスケットボール選手には高身長の人が多いというのもある意味納得できます。

ただこれはあくまでも身長を伸ばしやすい運動であるだけで、バスケットボールをすれば誰でも身長が高くなるということではありませんので、その点は誤解しないようにしてください。

そして激しい運動をすればするほど注意しなければならないことがありますので、次の項目で紹介します。

boy-724764_640

運動をしたら、その分の栄養補給も意識が必要!

そうなんです。運動をして寝るだけでは人間の体は大きく成長できないんです。運動をしたらその分の栄養補給を必ず行うようにしましょう。

普段と同じ食事内容で運動だけ追加した場合、運動で傷ついた細胞や筋肉の修復に大量の栄養素やエネルギーが使われてしまい、体を新たに作る分のエネルギーや栄養素が不足してしまいます。

成長期の子供には摂取すべき栄養素が実は2つあるんです。

  1. 普段の生活で傷ついた細胞や筋肉などの修復用の栄養素
  2. 骨や筋肉、靭帯や皮膚などの体が成長するための栄養素

この2つの栄養素が必要だからこそ運動だけ追加した場合は、栄養不足になり身長が伸びないという残念な結果になってしまうこともあるんです。でもそこまで食事量が増やせないという一がいるのも事実です。

更にどれだけ大量に食べても、最近の食材には体の成長に必要な栄養素が不足しているものも多いんです。

そこで大事考え方が、「普段の食事+サプリメント」です。食事で補いきれない栄養素はサプリメントで補う。この考え方を持っていれば、成長期にしっかりと身長を伸ばす事ができるでしょう。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!