子供の低身長の原因のひとつに、思春期までに栄養不足の状態が続いたことが大きな影響を与えています。

実際に栄養不足の状態が続くことで、体格がどんどん小さくなり、低身長化することがあるのを知っていますか。

現在の日本人の栄養状況がどうなのかということと、実際の身長の伸びがどうなってるのかを合わせて紹介します。

子供の身体が成長するためには、乳児期からの栄養摂取が非常に大切。

子供の身長の伸びは、実は母乳や授乳中のタイミングから始まり、離乳食やその後の食事やおやつなどで、どれだけ成長に必要な栄養素を補給することが出来ているのかという影響を受けます。

特に幼少期は食が細かったり、好き嫌いが多かったり、かなり偏食だったりすると、子供は健康に育たないだけではなく、身長の伸びも鈍化し、低身長で止まってしまうことに。

植物と違い、光合成の出来ない人間が成長するためには、やはりどれだけしっかりと食事から栄養補給ができるのかということが大切で、それができないと身長を伸ばすことも出来ません。

実際に栄養不足が原因で子供の身長が伸び悩むこともわかっていますし、栄養不足が続くことで、将来的に低身長なるリスクが高まることも確認されている状況。

ただここで大事なことは、脂肪分やカロリーばかりの食事を摂取していても、全く意味がないということ。

しっかり成長に役立つ栄養素を補給できていなければ、横にだけ大きくなり、逆に不健康になってしまうリスクが高まることも理解しておきましょう。

慢性的な栄養不足が何代も続くと小人化することもある

最近何かと話題の北朝鮮ですが、元々は朝鮮民族ということもあり、体格が良かったり、高身長だったというイメージを持っている欧米人が多いようです。

しかし最近の北朝鮮の平均身長は、日本人の小学生ほどで、兵役を免れる身長の基準が143cmと非常に低いことからも、北朝鮮の平均身長が低いことがイメージでできるでしょう。

多くの国の平均身長が第1次世界大戦後に急激に伸びたのに対し、北朝鮮の平均身長は縮んでいるのか。

これは1970年代から慢性的に続いている食糧不足の影響による、栄養不足の状態が2代3代と受け継がれてきたから。

普段の食事で成長に必要な栄養補給が出来ないと、それをきっかけに身長が伸び悩み、遺伝的要素もそちらに傾斜しがち。

こういった栄養不足が原因で小人化している国には、北朝鮮以外にもアフリカや中南米の貧困国でも同様に起こっている事象ですが、日本人は大丈夫なのでしょうか。

日本人も摂取栄養量のピークは過ぎ、どんどん栄養不足の状態に変化している

少し驚くかもしれませんが、実は日本人が最も食事等で栄養補給が出来ていたのが、1970年代前半の話。

その当時から直近の日本人の総摂取カロリーを比較すると、実は300Kcalほども減少している状況です。

毎日の食事のことなので、実際の変化に気づいていない人も多いかもしれませんし、飽食の時代だと思っている人も多いかもしれませんが、これは実際の調査データでわかっていること。

もちろん、成長に必要な栄養素をしっかり摂取できていれば、それでも問題がないのかもしれませんが、日本人のタンパク質摂取量も激減している状態。

ちなみにアミノ酸の集合体であるタンパク質をしっかり摂取しなければ、人間は体を成長させることも、身長を伸ばすこともできませんし、ホルモン分泌にも悪影響が出ます。

日本人のタンパク質摂取量は、1994年の79.7gをピークに2015年には69.1gと1950年の68.0gとほぼ変わらないほどに減少している状況。

その影響は日本人の平均身長には、出ていないのでしょうか?

栄養補給が不十分な日本人の平均身長は伸び悩んで縮んでいる。

貧困国のようにあからさまな栄養不足の状態が続いているわけではない日本ですが、実際の栄養摂取量の減少、タンパク質の摂取量の減少の影響が平均身長に出ています。

戦後50年で日本人の平均身長は男性も女性も、ほぼ10cm程も急激に高くなりましたが、平均身長のピークは、1990年代後半から2000年にかけて。

実はその後の日本人の平均身長は伸び悩み、ここ数年は数mm単位で縮んでいる状態。

まだ目に見る大きな変化ではないかもしれませんが、日本人の平均身長にも明らかに栄養不足の影響が出始めている状態なんです。

この状態を抜け出すのも、この状態にはまってしまうのも、普段の食事でどれだけ成長に必要な栄養素をしっかり摂取することが出来ているのかということ。

それを考えずに、栄養不足の状態が続くと、日本人の平均身長はどんどん縮んでいく可能性が高いでしょう。

さらに最近の子供には、幼少期から慢性的な睡眠不足の状態で、早熟化が進行し、成長期や思春期の到来は早まっているというデメリットも。

だからもしあなたのお子様も同じ状態なら、間違いなく身長が伸び悩み、将来的に低身長で悩んでしまうことになるでしょう。

子供の身長の高さや伸びは、後天的な要素が75%以上と言われていますので、どのような生活習慣や食習慣で過ごすのか、そのことをしっかり考えてあげてくださいね。

その上で、思春期や成長期が終わるまでの栄養補給を徹底し、お子様が持っている身長を伸ばす仕組みを最大化してあげるのが、良いと思いますよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!