骨端線を復活させることができないのか?そういった疑問を持っている人もいると思います。

骨端線の閉鎖前に、骨端軟骨で起こる細胞分裂を促進することが、身長を伸ばす際に非常に大切。

閉鎖した骨端線を再生できれば、一度止まった身長を伸ばすことができるんです。

骨端線は復活するのか?骨の秘密を知ろう。

骨端線という言葉を知って言いますか?

骨端線と言え、子供の骨の両端にある骨が伸びる部分のこと。

この骨端線の骨端軟骨が細胞分裂を繰り返すことで、骨が伸び、身長が伸びることに繋がります。

でもこの骨端軟骨は、いずれなくなり、大人の骨になります。

それが骨端線の閉鎖と呼ばれるもので、成長期の終わり。

その一度閉じた骨端線を復活できれば、再び骨の細胞分裂が起こり、骨が伸びるという話になりますが、これは残念ながら無理なんです。

現時点で、医学的に一度閉じた骨端線を復活させることはできませんし、これからも復活させることはできないだろうと考えられています。

もしそれが可能になれば、イリザロフ手術やISKD手術などの無理やり骨折させる手法で骨を伸ばさなくとも済みますが、医学的に考えてると完全に難しい話。

本当に残念なことですが、一度閉じた骨端線を復活させることできません。

だからこそ、骨端線がある間にしっかり骨端軟骨の細胞分裂を促進することが大事で、それが将来の身長の高さを手に入れることになります。

骨端線の骨端軟骨の細胞分裂には、成長ホルモンが大事。

8b45178e914ba540ceff78d998d6f37c_s

骨端線の骨端軟骨の部分で、骨が伸びる際に重要な役割りを担っているのが、成長ホルモン。

骨端軟骨に成長ホルモンが直接作用するわけではなく、分泌された成長ホルモンが、肝臓に届くことで骨端線に作用する物質に変化します。

それが肝臓で生成されるソマトメジンC(IGF-1)が分泌

このソマトメジンCが骨端軟骨に届くことで、はじめて骨端線の細胞分裂が促進されます。

だから成長ホルモンだけが分泌されても、骨が伸びることはありませんし、肝臓の状態が悪いと成長ホルモンから、ソマトメジンCを作ることができずに、身長が伸びない事に。

そして、骨を作る原材料になるタンパク質(コラーゲン)がないと、骨自体を作ることができずに、身長を伸ばすことができません。

このように複数の要因が絡み合って、初めて骨が伸びることに。

これらのひとつが欠けても、骨は伸びることはありませんし、身長が伸びない人は、このいずれかに問題が起こっているわけです。

でも普通の子供なら、骨が伸びる仕組みが作用するようになっていますので、そこまで心配しなくてもよい状態のはず。

しかしここ数年、子供の身長が伸び悩み、実際に低下しだしたとニュースにもなるほどの状態が蔓延しているんです。

なぜ子供の身長が伸び悩み、止まってしまったのか?

92b1a65108881ddca7f2ba41cb422ddc_s

これは成長ホルモンの分泌量とソマトメジンCと栄養素という3つのバランスが崩れているから。

成長ホルモンの分泌には、睡眠と運動が必須。

その睡眠時間と睡眠の質の低下が、現代の子供の間では非常に多く、幼少期から日々1時間以上も不足しています。

最近は、子供でも大人のように夜更かしをするのが普通ですし、塾や学校、部活などで帰宅が遅くなることもしばしば。

そして、運動も全くしない。

そんな子供も増えています。だから成長ホルモンの分泌量も質もどんどん低下します。

さらに追い打ちをかけるように、食事で摂取している栄養素も激減し、カロリーや脂肪分は豊富ですが、成長に必要な栄養素が不足。

子供が好きなインスタント食品やジャンクフード、スナック菓子には、脂肪分やカロリーばかり。

摂取する栄養素の質の低下もひどく、どんどん身長が伸びない状況へと変化しています。

だから、子供の身長が伸びないのも当然の話。

骨端線がある期間に、しっかりと成長ホルモンを分泌することができなければ、何も始まらないんです。

日本人の平均身長は戦後、右肩上がりにグングン伸びてきました。

その一番の理由は、栄養面が戦前に比べると大きく改善されたから。

でも、日本人の身長が伸び続けたことは、すでに過去の話です。

周りの子供と同じような生活をしているだけでは、もう子供の身長が伸びない時代に突入しています。

その事をしっかりと理解して、子供の骨端線があるうちに、身長を伸ばす努力をしましょう。

骨端線が閉じる年齢も早熟化し、低年齢化している。

これも非常に大きな問題ですが、日本人は早熟傾向の強い民族です。

意外かもしれませんが、日本人は欧米人よりも早熟傾向が強く、第二次性徴期を早く迎えます。

女の子の初潮は1年ほど早く、男の子の精通は1年半ほど早いと言われていますので、それが最終身長の違いに。

日本人も欧米人も成長期の期間に大きな違いはなく、成長期を迎える年齢が早い日本人は、その分だけ身長が伸びる時間が短くなります。

成長期前の1年間の身長の伸びは、5〜7センチほどだと言われていますので、それが欧米人と日本人の最終身長の違いに。

骨端線は成長期が終わると、自然に閉じてしまいますので、それまでの期間に有効的に身長を伸ばすことが必須。

子供の早熟化にはいくつかの要因があり、

  • 慢性的な睡眠不足
  • 肥満体型による性ホルモンの分泌量の増加
  • メラトニンの生成不足による性ホルモンの分泌量の増加

これらの要因が複雑に絡み合い、早熟傾向が強い日本人の早熟化がどんどん進んでいます。

最近では小学校低学年で初潮を迎える女の子も増えており、その傾向は今後も続くと考えられていますので、率先して生活習慣を改善することが大切。

周りの子供と同じ生活習慣では、どんどん身長が伸びなくなる。

そのことを理解して、骨端線が残っているうちに、できることをしっかり行って、身長を伸ばすようにしましょう。

親御さんが主体的にできることは、成長に必要な栄養素をしっかり摂取させること。

その為にも高タンパク質低脂肪の食生活を心がけ、インスタント食品やレトルト食品を多用せずに、しっかりと家庭で食材から調理してあげてください。

もしそれが出来ないのであれば、身長サプリメントなどを活用して、成長に必要な栄養素を補給してあげるという視点も大切です。

元々、成長に必要な栄養素は普段の食事だけでは十分に確保できませんので、そのことを理解して少しでもよい食習慣を送らせてあげてくださいね。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!