子供の背を伸ばすのには、遺伝的要素が与える影響よりも大きな要因があるのを知っていますか?

親の身長が低ければ、子供の身長も低くて当然だと思っているかもしれませんが、実際にはそうとも言い切れないということを知っていますか?

遺伝が身長に与える影響と、それ以外のもっと大きな要因を紹介しますので、子供の背が伸び悩んでいる人は必見ですよ。

遺伝的要素が子供の背の伸びや身長の高さに与える影響と割合は?

あなたの背が小さく、小学校高学年や中学生になってもなかなか背が伸びないし、両親の背も低いので、完全に遺伝の影響だろうと諦めてしまっているのは大きな間違い。

なぜなら最新の研究では、遺伝的要素が子供の背の高さに与える影響は、僅か23〜25%しかないことがわかっているから。

残りの75%以上の遺伝以外の要因が、現在のあなたの背の高さを決定しているから。

そう言われても、にわかに信じられないという人もいるでしょう。

しかし両親の身長が非常に高いにも関わらず、子供の身長が平均並みという家庭もあります。

確かに両親の身長が高いと子供も背が高い傾向はありますが、遺伝以外の要因でいくらでも背の高さは変わってしまうのが実際の話。

では、遺伝以外の75%の背の高さに与える影響とは何なのかを次の項目で紹介します。

遺伝的要素以外に、子供の背の伸びや身長の高さに与える要因とは?

遺伝的要素以外の後天的要素で、子供の身長の高さを決める要因は3つあると言われています。

それが、「睡眠」・「運動」・「食事」。

これらが遺伝子の持つ遺伝的情報以外の要因として、あなたの背の高さを決定しています。

だからもしあなたが、自分の背の高さに納得がいかずに少しでも大きくなりたいのであれば、この3つの要因を、しっかりと背が伸びる方向に修正する必要があると理解しましょう。

どう言われても背の高さは遺伝だと思うあなたに、最初にお伝えしておきたいことは・・・

それはあなたの両親が行っている子育ては、自分が子供の頃に体験した経験を元に行っているもの。

そしてご両親の背が低いということは、背が低くなる(背が伸びにくい)方法での子育てしか知らないし、それを実践しているので、自然と背が伸び悩むのは当然の結果だと思いませんか?

実際に身長を伸ばすためには、どのようなことに気をつけるべきか?

まず「睡眠」については、何よりも睡眠時間を確保することが先決。

現在の日本人の子供たちは平均して睡眠時間が短い傾向があり、子供が成長する為には、睡眠時に分泌される成長ホルモンが非常に大切。

睡眠時に成長ホルモンを分泌させる方法は、睡眠時間をしっかり確保することと睡眠の質を高めること。

小学生に必要な睡眠時間は8〜10時間ですが、実際にそこまでしっかり寝ている子供が少ないのが実際の状況なので、まずは睡眠時間を確保するためにも早く寝ることから始めてください。

次に「運動」については、これは何よりも体を動かす機会を増やすこと、外遊びを出来る限り行って体内でのビタミンDの合成を高めることが大切。

運動は激しいものを短期的に行うよりも、軽い運動でも良いので継続的に行うことが基本だと理解しましょう。

成長期までの限られた時期でしか背は伸びませんので、体を動かす事を意識的に実践すべき。

最後に「食事」については、やはり出来る限り多くの食材から様々な栄養素を豊富に摂取することが基本。

インスタント食品やレトルト食品、ジャンクフードやお菓子ばかり食べるのではなく、一汁三菜の考え方の元、出来る限り和食を食べるようにしましょう。

ただでさえ、食材に含まれる栄養素が激減していますので、それを補うのにも食材の組み合わせを考えること、補いきれない栄養素はサプリメントを使っても補うことも大切。

どれだけ成長ホルモンが分泌されていても、成長に必要な栄養素がないと体を作ることができず、子供の背を伸ばすことはできません。

子供の将来の身長は、父親と母親の身長から予測&計算できる!

今回紹介したように25%の要因が遺伝子、残りの75%の要因が「睡眠」・「運動」・「食事」の3つですが、実は両親の身長を元に子供の将来の背の高さを予測することが可能です。

これはあくまでも統計データをベースに算出する方法なので、目安でしかないことを最初に理解しておきましょう。

<男の子>
子供の予測身長=( 父親の身長 + 母親の身長 + 13 ) ÷ 2

<女性>
子供の予測身長=( 父親の身長 + 母親の身長 − 13 ) ÷ 2

この計算式に当てはめると、父親が170cmで母親が155cmの場合には、男の子なら(170 + 155 + 13)÷2 = 169cm、女の子なら(170 + 155 − 13)÷2 =156cmが子供の将来の身長の目安。

そこに付け加える後天的な要因が、男の子は±9cm、女の子は±8cmが最終的な背の高さの変動範囲だと考えられています。

つまり最大16〜18cmも食生活や普段の生活習慣の影響を受けて、将来の身長の高さに差が出る可能性があるということ。

それだけ違えば、身長の高さは大きく異なりますよね?

だから両親の背が低いということを理由に何もしないよりも、今回紹介した3つの外的要因をしっかりと実践して、少しでも将来的な身長の高さを手に入れられるようにしましょう。

遺伝的要素よりも食事でのタンパク質摂取量を増やそう!

遺伝的要素は先天的にも後天的にも、子供の成長に影響を与えることが良くわかったと思いますが、全く方法がないわけではないこともわかったでしょう。

もうひとつ、ここ最近の日本人の身長が伸びにくくなっている原因のひとつが、タンパク質摂取量の激減。

これは非常に大きな問題で、人間の身体は食事で摂取した栄養成分が不足すると、成長することができませんが、最近の子供には栄養不足が原因で身長が伸び悩んでいることも。

だからこそ、後天的にコントロールできる生活習慣を改善することが大切ですが、それに合わせて食事で摂取する栄養成分にも注目して欲しいところ。

タンパク質は骨の骨端線の軟骨細胞部分で、骨を伸ばすために必要になるコラーゲンを合成するために必要な栄養成分。

だからタンパク質不足=コラーゲン不足になり、骨を伸ばすために必要な栄養成分が不足して成長しきれない原因になります。

こういったことは栄養学的には一般的なことですが、実際に日本人の平均タンパク質摂取量が全体的に低下しているので、普段の生活では気づきにくいところ。

本当に基本的な部分ですが、日本全体で減少傾向があるので、そこをしっかり摂取することでも、成長を促進する効果が期待できるはずですので、しっかり意識してみてください。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!