成長期に運動をやり過ぎると、子供の身長が伸びないという話があるのを知っていますか?

特に小学生で活躍して、中学で即レギュラーになったような子供の場合、身長が伸び悩む傾向があるんです。

なぜ、そういったことが起こるのか?何が原因なのかを、検証してみたいと思います。

子供時代に運動やスポーツをやり過ぎると身長が伸びない

e4460fb31eb71e0e41861e96ed769051_s

小学校高学年から、中学3年生までの期間に激しい運動やスポーツを行っている人ほど、実は身長が伸び悩んでいる傾向があったんです。

実際にプロバレーボール選手の身長で、そういったことが起こり得るのかをチェックしたデータがあるので紹介すると・・・

あるプロバレーボールチームの19名の平均身長が185.4cm

その19人を、小学校時代に全国出場したグループと、全国大会に出ていないグループに分けると面白い結果に。

なんと全国に出場したグループは181cm、全国に出場していないグループは190.3cm。

同じ競技のプロ選手で、10cmもの差がついたんです。

小学校時代に全国出場するということは、普通に考えれば非常にハードな練習を行っているはずですよね?

母数が少ないにしても、同じプロバレーボール選手で、ここまで身長が違うのは、非常に興味深いデータです。

バレーボール選手で10cmの身長の違いがどれだけのことか、これは考えなくともわかりますよね?

小学校時代に活躍すると中学では、即レギュラーになる

22f80d8a359dc7dc7d729f684b53b7fc_s

しかも、この中学で即レギュラーというのが、子供の身長の伸びにとっては悪影響。

運動のし過ぎだと、普段食べたもので体の疲れや筋肉の回復だけに栄養素が使われ、体を成長させる分が不足します。

そこに即レギュラーという環境の変化が、拍車をかけるんです。

中学生活になれるだけでも大変なはずなのに、それに追加して、激しい運動+ミスの許されない環境に追い込まれ、ストレスを溜めていく。

中学3年生と1年生では体格も全く違うのに、レギュラーとして抜擢されると、体格差を埋めるだけの努力を求められる。

のびのびとスポーツを楽しむこともできなくなり、心も身体も余裕がなくなっていくんです。

そして、肉体的にも精神的にも非常にマイナス状態になります。

中学生や高校生の朝練は、子供の身長にとってはマイナス。

4f4e00e77b4386dcc5ed0d83c11e2573_s

そんな状態に、さらに追い込みをかけるのが、朝練の存在です。

朝練をすることで、技術の向上や精神面の強化など、様々なメリットはあるでしょう。

でも、子供の身長を伸ばすことを前提に考えると、これほどのマイナス要素はありません。

朝練をすることは、早起きをすることですから、子供の成長に必要な睡眠時間がまず減少します。

さらに、朝食をゆっくり食べることができずにエネルギー不足に。

そしてエネルギー不足の状態+睡眠不足のダブルパンチで、授業に集中できなくなり、成績が伸び悩む。

子供だけではなく、早起きして朝ごはんをつくる両親の健康状態にも影響があり、家族のバランスが悪くなるきっかけにもなりかねません。

もちろん競技としてスポーツをやっている以上、勝ち負けや成績は大事な話だということもわかります。

でも、子供の身長や成長という意味では、短期的な目線で考えるのではなく、中長期的に考えてあげることも大切

成長期に運動を行なうことは体をつくる上でも、非常に重要な話ですが、やり過ぎは少し注意が必要だということ。

特に身長が高いことがメリットであるスポーツの場合には、そういったことも踏まえたうえで、どのように運動をさせるのかを考えてあげてください。

成長期のストレスが成長ホルモンの分泌量を減少させる!

子供の身長が伸びる際に必要な要素が、睡眠・運動・食事、これに遺伝を追加した4つだと考えられていました。

しかしここ最近の研究で、ストレス状態も子供の身長の伸びに影響していることがわかっています。

ストレスが成長期の子供に与える影響は、成長ホルモンの分泌量の減少。

成長期に子供の身長が急激に伸びるのは、成長ホルモンが分泌され、それが骨端線の細胞分裂を促進するから。

そのきっかけになる成長ホルモンの分泌量が減少すると、身長にどのような影響を与えるのかは、簡単にわかると思います。

ストレスは成長ホルモンの分泌量を減少させるだけではなく、全身の血流も悪化させ、筋肉の回復や細胞への酸素や栄養素の運搬にも影響が出ます。

ストレスを感じると筋肉は緊張状態になり縮こまり、その結果、血管が収縮して血流が悪化することに。

血液が全身の細胞に運搬している酸素や栄養素が、全身に行き届かない状態になり、成長に必要な栄養素不足になることも考えられます。

しかも思春期や成長期は、環境の変化や身体の変化などでストレスを感じやすい状態ですし、学校でのイジメや人間関係がストレスのきっかけになることも。

それらが相乗的に子供の身長の伸びを鈍化させたり、止まってしまうきっかけになることもあるので、ストレス対策も心がけてあげることが大切です。

成長期に運動するなら、栄養補給とリラックスを意識しよう

これらのことを考えると、成長期の中学生や高校生のタイミングで激しい運動を行っている人ほど、栄養補給とリラックスを意識することが大切だということがわかります。

特に栄養面は、タンパク質を中心に様々な栄養素をバランスよく摂取することが基本。

さらに毎日湯船にしっかり入浴して、身体や心の疲れを癒やしてあげることも大切ですし、たまには運動しない日を設けてあげて、ゆっくり休ませることも大切です。

運動に勉強と、中学生や高校生はやることが満載ですし、友達と遊びたいということも多いでしょう。

それらの全てを満遍なく行うことは難しいですが、バランスを考えてあげることは親の役目です。

運動をしないのも問題ですが、運動のやり過ぎも問題だということを知ってください。

しっかり成長させたいなら、栄養面のサポートは親御さんしか出来ないことなので、その部分に注力しして、少しでも効率的な栄養補給や栄養素の摂取を意識してあげましょう。

それが成長期に運動や部活で活躍する子供の体作りに役立ち、成績にも結果として反映されてきますので、本当に大切なことだと思いますよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!