成長期に子供の身長が急激に伸びるのは、分泌された成長ホルモンが、骨の骨端線の軟骨細胞に作用するから。

成長ホルモンの分泌を促進する為には、睡眠や運動が非常に大切だといわれています。

実際にどうすれば成長ホルモンの分泌量が増え、成長期に効率的に子供の背を伸ばすことができるのか、徹底検証しますので、低身長のリスク軽減の為にチェックしておきましょう。

成長期の成長ホルモンの分泌量に最も大切な睡眠方法とは?

子供の身長を成長期に最も伸ばす効果が高いのが、睡眠中に分泌される成長ホルモン。

成長ホルモンの分泌量を促進することは、効率的に背を伸ばすことに繋がり、将来的な身長の高さを決定する非常に大切な要因です。

成長期に分泌された成長ホルモンは、骨の骨端線に作用して、子供の骨を伸ばす効果を発揮。

睡眠時に骨が急激に伸びることで、痛みが出てしまう成長痛と呼ばれる症状があるほど、成長期の就寝時間は大切。

成長期の睡眠習慣をどうするのか?ということは、身長を伸ばす意味では非常に大切なこと。

では睡眠で成長ホルモンの分泌量を促進する為には、一体どこのようなことに気をつければよいのでしょうか?

  • 睡眠時間をしっかり確保すること
  • 睡眠の質をしっかり向上させること

この2点だけ。

しかし、日本人の子供たちは慢性的に睡眠時間も短く、睡眠の質も良くない子供が多いので、成長ホルモンの分泌量が増えずに低身長に悩むことに。

医療的にも子供の背を伸ばすことができるのは、骨端線が残っている間だけだということがわかっていますので、成長期までにどうするかが本当に大切。

実際に低身長の治療を行なっている医療機関でも、睡眠に対する指導や適切な睡眠方法の解説などを軸にして、成長ホルモンを外部から投与せずに済む方法で治療を行うところもあるほど。

それくらい睡眠と成長ホルモンは密接な関係がありますので、しっかりと意識して睡眠時間を確保するように心がけていきましょう。

運動をすると、運動後に成長ホルモンが分泌される!

成長ホルモンは睡眠時に最も大量に分泌されますが、実は運動することでも運動後に微量ですが、成長ホルモンの分泌が行われることもわかっています。

適度な運動習慣がある子供は、将来的に身長を高くする可能性があるということ。

微量でも成長ホルモンの分泌量を増やすことは、確実に子供の背を伸ばす効果を得ることができますので、適度な運動を意識的に行うようにしましょう。

実際に成長ホルモンが分泌されるのは、運動開始後15分から、運動終了後3時間ほどだといわれています。

子供に運動が必要だと言っても、スポーツをしなければならないということではなく、外遊びも立派な運動。

太陽の下で遊ぶことで紫外線を浴びると、ビタミンDを合成することができ、カルシウムの吸収率が向上し、骨を強くする作用も高まります。

その結果、成長ホルモンの分泌で伸びた骨の骨端線の軟骨細胞がスムーズに石灰化。

健康で丈夫な骨になることは、ケガをしにくい体に成長させることに繋がりますので、非常に大切なことです。

激しい運動ではなくて十分なので、子供には小さな頃から運動や身体を動かす習慣を身につけさせるようにしましょう。

成長ホルモンの分泌を促進するためにも食事での栄養摂取も大切

そして最後に重要になるのが食事。

食事から摂取した栄養素からも、成長ホルモンの合成を促進することができますので、アルギニンを多く含んだ食品を摂取するようにしましょう。

アルギニンを多く含んだ食品?といわれてもパッと思い浮かばないですよね。

実は豚ゼラチンが、最も高濃度でアルギニンを含有しており、その量は100gで7900mgと普通のお肉の5倍以上。

豚ゼラチンというよりも、豚足と言った方がわかりやすいかもしれません。

でも豚足を喜んで食べる子供は少ないので、豚足ではなく豚の角煮でも良いので、豚ゼラチンを豊富に含んだ食品を摂取するようにしましょう。

他にも肉類やマグロ、エビなどの魚介類、大豆製品などにアルギニンは豊富に含まれていますので、積極的に食べるようにしてください。

子供の背を伸ばすという意味では、食事で摂取した栄養に、体を作る際に必要な栄養素がしっかり含まれているのかということも大切なポイント。

昔から牛乳を飲むと、子供の背を伸ばす効果があると言われていましたが、牛乳よりもチーズや小魚のような食材の方が、効率的に背を伸ばすための栄養素を摂取することができます。

カルシウムではなく、タンパク質が豊富な食品を普段から積極的に摂取するようにしましょう。

肥満体型は性ホルモンの分泌量を増やし、性成熟が早まる!

成長期の成長ホルモンの分泌量を確保することが、身長の伸びを最大化する方法のひとつですが、成長期は少しでも長い方が良いといわれています。

それはそれだけ長い間、身長を伸ばす仕組みが体内に残っているということ。

だから性成熟を少しでも抑制し、晩生化傾向を高めることが非常に大切です。

しかし脂肪細胞は、体内で一番の性ホルモンの受容体なので、肥満体型の子供はどんどん性ホルモンが分泌され、早熟化傾向が高まることに。

そういったことを予防する為にも、成長ホルモンの分泌量を意識しつつ、性ホルモンの分泌量を抑制することが大切です。

性ホルモンの受容体である脂肪細胞を減らすこと、性ホルモンの分泌抑制効果があるメラトニンをしっかり分泌できるような生活習慣にしましょう。

メラトニンは早寝早起きの規則正しい生活をして、朝陽を浴びるとしっかり分泌されることになります。

これは成長ホルモンの分泌量を促進することにも繋がりますので、非常に効果的なこと。

今回お話したことは、成長ホルモンが背を伸ばす効果の本当にごく一部のお話です。

でもこの話をアドバイスだと思ってしっかり実践するだけでも、将来的に低身長で悩まなくて済みますので、ぜひ骨端線が残っているうちに実践してください。

そうすることが、成長ホルモンの分泌量を促進し、子供の身長を伸ばすことにつながります。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!