足が大きい子供は身長が伸びるという噂がありますが、それは本当なのでしょうか?足のサイズと身長の関係とは一体どんな物があるのか?昔から言われている足と身長の高さの関係について紹介します。

足のサイズと身長は基本的には比例している!

足のサイズと身長の高さですが、基本的には足が大きくなっている子供の場合、身長も高くなる傾向があります。足の大きさは特に小学校低学年くらいまではあっという間に買った靴が入らなくなるほどのペースでどんどん大きくなっていきます。

その時によく言われる足が大きい=将来高身長になるというのは、あながち間違いではありませんが、これは確実に身長が高くなるというものではないということだけは理解しておきましょう。

そもそも生まれた時の足のサイズが大きな子供もいれば、逆に小さな子供もいます。男女で同じ身長であれば男性の方が足のサイズが大きいと考えている人が多いですが、実は男女差はそこまでないんです。

なので足のサイズだけで子供の将来の身長を予測するのは止めた方が良いと思います。でも足のサイズが大きいということは、将来の高身長になる期待ができます。

足のサイズが大きくなるのは骨が伸びやすい状況だから!

子供の頃から足のサイズが大きいということは、成長ホルモンが分泌される前の段階から、骨が伸びやすい状況であることが考えられます。そういった子供の場合、栄養面と運動面をしっかり考えてあげることで、成長期を迎える前にもグングン身長が伸びていく可能性があります。

体はバランスを取りながら成長していきますよね?急に手だけが伸びたり、足だけが長くなったりするようなことはないでしょう。そう考えると足のサイズが大きくなっていることはその後に手足の長さや身長の高さも同様に伸びていく傾向が強く出る可能性があるというわけです。

骨が伸びにくい子供よりも骨が伸びやすい状況にある子供の方が、より簡単に身長を伸ばすことができるのは、イメージしやすいと思います。

子供の身長が伸びるのは成長期だけではありません。成長期に伸びる身長の幅はだいたい決まっていますので、それまでにどこまで栄養面と運動面から子供の身長を伸ばすことが出来るのか?ということが将来的な身長の高さを大きく左右するのです。

boy-1473862_640

足のサイズが小さくとも身長が伸びる子供はたくさんいる!

では足のサイズが小さければ、将来的な身長の高さを求めるのは間違いなのか?それは違います。あくまでも傾向の話ですので、身長が高くとも足が小さい人もいますし、足のサイズが大きくても低身長の人もいます。

足のサイズは遺伝的影響を受けることもありますので、足のサイズが小さいからと諦める必要はありません。

足のサイズが小さいということをストレスに感じるよりも、どうやって身長が伸びるサイクルに子供を持っていくのか?ということを考えたほうが良いでしょう。どんな子供でも、睡眠・運動・食事をしっかりバランス良く取り続けていくことで身長は伸びます。

特に最近の子供は全てが身長が伸びにくい方向に進んでしまっている傾向がありますので、しっかりと親御さんが管理してあげる必要があります。

早く寝かせて睡眠時間を確保すること、外遊びや運動をさせるようにすること、食事はおかずの種類を増やし和食の一汁三菜を心がけること。この3点に気をつけた食生活を送らせるだけでも子供の身長が伸びる傾向は改善します。

特に睡眠習慣は子供の頃にどのような睡眠リズムで寝ていたのか?ということの影響を受けますし、成長期の成長ホルモンの分泌にも重要な役割りを担っていますので、出来る限りしっかり寝かせることを意識してあげましょう。

そうすれば、足のサイズが大きな子供でも足のサイズが小さな子供でもその子が持っている身長を伸ばす力を引き出してあげることができますので、足のサイズに一喜一憂せずに出来ることをやってあげるようにしてくださいね。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!