小学生の時期にしっかり身長を伸ばすことが、子供の成長において非常に大切な理由があるのを知っていますか。

成長期や思春期の変化や成長に関する基本的なことを理解していないと、小学生以降の身長の伸びにも悪影響を及ぼしてしまうことも。

将来的な低身長のリスクを回避する上でも、小学生の時期の身長の伸びを最大化することが非常に大切だったんです。

子供の身長が最も伸びる時期を理解することが大切です。

子供の身長を伸ばしたいと考えるのなら、小学生の時期の過ごし方がすごく大切だと理解するのが第一歩かもしれません。

なぜそういうのか?それは小学生の時期に男子も女子も身長が最も伸びるから。

実は最近の子供の早熟化傾向の高まりから、身長が最も伸びる時期が大きく変わって成長期の到来がどんどん早まっている状況。

実際に子供の身長が最も伸びる3年間は、男子は小学5年生から中学1年生、女子は小学3年生から小学5年生の時期。

この3年間で20センチ前後も身長が伸びるので、どう過ごすのかで身長の伸びも変わりますし、その状態を維持できるのかも大きく変わります。

身長は伸びなくなって伸ばすよりも、しっかり伸びているタイミングで効率を高めることの方が、簡単に伸ばすことができますので、そういった考え方でいることは大切。

小学生の過ごし方を意識して、この最も身長が伸びる3年間の伸びを最大化することを考えていきましょう。

成長期の到来が1年遅くなると、身長が5〜6cmも変わる!

小学生の身長を伸ばす方法を理解して実践することも大切ですが、実はもっと簡単に身長を高くする方法があります。

それが成長期の到来を遅くするということ。

成長期の長さはほぼ同じですが、成長期が到来するタイミングにはかなり個人差があり、ここ最近の子供は早熟化が進んでいます。

そして成長期が到来する前の1年間の身長の伸びは、一般的に5〜6cmですので、もし1年遅くすることができれば、その分だけ身長が伸びるということ。

実は日本人とアメリカ人の平均身長の違いは、成長期の到来が日本人の方が早いことが原因のひとつ。

さらにいえば、成長期の到来が遅いことはまったく問題がありませんが、成長期の到来が早いと身長の伸びが止まったり、心身のバランスを崩してしまう原因に。

そういったこともわかっていますので、早熟な子供ではなく、晩成型に育ててあげることも身長を伸ばす意味では、非常に大切なこと。

早熟な子供になるか、晩成型の子供になるのかは、実は普段の生活習慣の違いによって、大きく変わることがわかっていますので、その点を注意してあげるのが良いでしょう。

では実際にどの部分を意識した生活習慣で過ごすべきなのか、次の項目で簡単に紹介します。

幼少期からの睡眠習慣が成長期の到来時期に影響を与える。

子供の早熟化を強める要因には様々なことがありますが、最も大きな影響を与えるのは幼少期からの睡眠習慣です。

早熟化傾向を弱める睡眠習慣は非常に簡単で、とにかく睡眠時間を増やすこと。

毎日しっかり寝ることは、実は非常に大切なことで、睡眠不足がちな日本人にとっては、実はすごく難しいことなのかもしれません。

小学生なら8〜9時間の睡眠時間の確保が基本で、規則正しい睡眠習慣で日々過ごしていることで、メラトニンの分泌もスムーズに行われます。

さらに起床後に朝陽を浴びる生活習慣で過ごすと、体内時計がリセットされ、15時間後にメラトニンが分泌されることで、寝付きも良くなります。

実はメラトニンには、性ホルモンの分泌量を抑制する作用があることがわかっており、性ホルモンの抑制が成長期の到来を遅くする大切なポイント。

性ホルモンの分泌量がある水準を超えると、成長期が始まることがわかっていますので、その分泌量を抑制することが大切。

逆に幼少期から慢性的な睡眠不足の状態が続くと、性ホルモンの分泌量を抑制できずに、どんどん早熟化傾向が強まってしまいますので、注意しましょう。

寝る子は育つ」ということわざがありますが、まさにその言葉通りで、幼少期から睡眠時間をしっかり確保できれば、それだけ身長を伸ばせる可能性が高まります。

女子は特に小学生での身長の伸びが大切で、最終身長に影響する

一番最初に身長がもっとも伸びる時期を紹介しましたが、女子の場合は小学生の身長の伸びが最終身長に大きな影響を与えます。

実際にどういう意味なのか、平成27年の学校保健統計調査のデータで紹介すると・・・

  • 6歳女子(小学校1年生):115.5cm(6.0cm)
  • 7歳女子(小学校2年生) :121.5cm(5.8cm)
  • 8歳女子(小学校3年生):127.3cm(6.1cm)
  • 9歳女子(小学校4年生):133.4cm(6.7cm)
  • 10歳女子(小学校5年生) :140.1cm(6.6cm)
  • 11歳女子(小学校6年生):146.7cm(5.1cm)
  • 12歳女子(中学校1年生) :151.8cm(3.1cm)
  • 13歳女子(中学校2年生):154.9cm(1.6cm)
  • 14歳女子(中学校3年生) :156.5cm(0.6cm)
  • 15歳女子(高校1年生) :157.1cm(0.5cm)
  • 16歳女子(高校2年生) :157.6cm(0.3cm)
  • 17歳女子(高校3年生):157.9cm

小学校卒業後の身長の伸びは、わずか6.1cmだけしかありません。

6年間でそれしか身長が伸びないので、成長期の到来を1年遅らせることができれば、1年間で伸びる身長の幅ですよね?

これが現在の子供の成長の傾向ですので、標準的な身長の人なら、この傾向にしっかり当てはまるはずです。

女子がそれしか伸びないのに対して、男子は18.1cmほど中学生以降のタイミングでも身長が伸びている状態。

そんな男子でも高校生になると2.4cmしか伸びませんので、やはり小学生の時期にしっかり身長を伸ばしておくことは大切です。

身長が伸びる仕組みが残っていて、最も効率的に作用しているのが小学生の時期ですので、そのことを理解して、早めに身長の伸びについて考えてあげるようにしてくださいね。

成長期の身長の伸びは骨端線+成長ホルモンの分泌量がポイント!

成長期が始まった小学生の時期に身長をしっかり伸ばすためには、骨端線+成長ホルモンの分泌量が非常に大切です。

小学生の段階なら、ほとんどの子供が骨端線の閉鎖は起こっておらず、成長ホルモンの分泌量を増やすことが身長を効率的に伸ばす方法のひとつ。

だから少しでも質のより成長ホルモンを大量に分泌するためにも、成長ホルモンの分泌量を意識した生活習慣に変更させることが大切です。

成長ホルモンが分泌されるのは、睡眠時と運動時。

特に睡眠直後の3時間に熟睡することが、最も大量の成長ホルモンを分泌することになりますので、そこを意識することが大切。

熟睡=質の高い睡眠ですので、寝る前にはできるだけリラックス状態でいること、夜の過ごし方、寝具、睡眠環境などを考えてあげましょう。

睡眠サイクルの中でも、ノンレム睡眠の最も深い部分が成長ホルモンが分泌されるタイミングですので、そこでどれだけ熟睡できるのかが大切。

それに合わせて、運動に分泌される成長ホルモンもうまく活用していくようにします。

運動をすると、運動開始後15分後から運動終了後3時間程度まで、睡眠時と比較すると微量ですが成長ホルモンが分泌されますので、それを積み上げていきましょう。

日々の積み重ねが成長ホルモンの全体的な分泌量の確保につながり、結果としてしっかり成長できることに繋がりますので、できるだけ意識してくださいね。

小学生で身長を伸ばすためには栄養補給も非常に大切です。

骨端線+成長ホルモンの分泌量で骨が伸びやすい状態になっても、骨を伸ばしたり、身体を成長させたりする際に必要な栄養成分が不足している状態では身長は伸びません。

しかし最近の小学生の中には、朝ごはんを毎日食べなかったり、ダイエットをしていたりするなど、様々な栄養成分が必要なタイミングで、しっかり摂取できていない人も多いんです。

そして栄養不足が原因で、身長を伸ばすことができずに低身長で止まってしまう人も。

冷静に考えると凄くもったいない話ですが、気づかないうちにそういった状況になっている小学生が増えていますので、そこはなんとか改善してあげたい部分。

小学生の時期には、普段の食事だけで成長に必要な栄養成分の全てを摂取するのも、実は難しい話です。

普段の生活に必要な栄養成分以外にも、身体を成長させるために必要な栄養成分を摂取しなければならず、特に成長に必要な栄養成分は不足することに。

骨を伸ばすために必要な栄養成分は、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKという6種類。

最低でもこれらの栄養成分が不足してしまうと、骨を伸ばすことができずに、身長が伸び悩んでしまう結果に。

成長期が早まっている傾向が顕著に出ていますので、それを踏まえて早めの段階からしっかり栄養補給を意識してください。

小学生の栄養補給に身長サプリメントを活用するのも必要かも。

小学生の子供だと好き嫌いが激しかったり、小食だったりとまだまだ食に関しては、あまり栄養バランスや栄養成分に関心がない状態ですよね。

そんなタイミングだから、子供は好きなものばかり食べてしまい、栄養バランスが崩れてしまうのも、よくあることだと思います。

そこで栄養補給に活用したいのが、身長サプリメントや成長応援飲料と呼ばれる子供向けの身長を伸ばす効果がある商品。

現在市販されている身長サプリメント等の商品は25種類以上もあるので、実際に何を選ぶのが子供の成長に良いのかと悩まれる人もいるでしょう。

身長サプリメントの基本的な選び方は非常に簡単で、実際にどんな栄養成分を摂取できる商品なのかを考え、成長に役立つものを含んでいる商品を購入すること。

普段の食事+身長サプリメントで栄養バランスがを整えてあげることが、成長期の子供の栄養面から成長をサポートしてあげる方法です。

だからその点をしっかりチェックしましょう。

実際に摂取できる栄養成分でも、骨を伸ばす際に最も最初に大量に必要になるタンパク質を豊富に含んでいるもので、栄養吸収率の高い商品を選ぶとよいと思います。

それが最もおすすめの身長サプリメントの選び方ですし、身長を伸ばす効率を高める方法ですよ。

小学生におすすめの身長サプリメントはカラダアルファ!

では実際にどんな身長サプリメントを普段の食事に合わせて摂取すればよいのかといえば、成長期の10代専用のカラダアルファでしょう。

カラダアルファの一番の特徴は実際に摂取できる栄養成分で、タンパク質が53.8%も含まれている点。

だからカラダアルファは本当に効果的に栄養摂取ができます。

様々な身長サプリメントがありますが、ここまで豊富にタンパク質を摂取できるものはなく、カラダアルファは栄養面のサポートを徹底したい時期の小学生にまさにピッタリ。

カラダアルファなら、タンパク質以外にも、カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミン類という骨の成長に必要な栄養成分を豊富に摂取できますので、本当に効果的に作用します。

小学生の時期に身長をどこまで大きく成長させることができのかは、非常に大切なことですので、しっかり栄養面のサポートを行ってあげましょう。

その点を考えると、おすすめの身長サプリメントはカラダアルファ以外にはありません。

他の身長サプリメントとも実際に摂取できる栄養成分を徹底的に比較していますが、カラダアルファ以上におすすめの身長サプリメントはないでしょう。

それくらい明確な違いが摂取できる栄養成分にありますので、本当にカラダアルファは子供の成長に選ぶべき商品ですよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!