小学生で身長が伸びないとか、周りの子供に比べて小さいとか、何が原因で子供がそうなっているか知っていますか?

身長が伸びない原因さえわかれば、それを改善することで子供の身長は伸びる可能性が高まります。

実際に最近の小学生の子供で、身長が伸び悩んでいる子供に多い傾向を幾つか紹介しますので、まずは当てはまる点がないのか、チェックしてみましょう。

小学生で身長が伸びない一番の原因は、栄養不足かも。

小学生の子供の身長が伸びない状況において、最も可能性が高い事、それは幼少期からの慢性的な栄養不足。

赤ちゃんから小学生にかけての成長で最も重要なのが、普段の食事でどのような栄養素を摂取しているのか?という点です。

子供が最も成長するのは、生後1年と成長期のタイミング。

それ以外の時期に子供の身長が伸びるのは、どれだけ豊富な栄養素を摂取しているのかということの影響を凄く受けます。

だから、普段の食事内容を見直すことが先決。

インスタント食品や冷凍食品ばかりを食べているのなら、脂肪分やカロリーは摂取できていますが、成長に必要な栄養素が不足しているのかも。

調理済みで簡単に食べられるおかずなどは、調理の過程で栄養素をほとんど失っていますので、子供の成長には役立ちません。

そのことを最初に理解することが重要です。

小学生で寝不足が続くと早熟傾向が高まり身長が伸び悩む。

これもすでに明確にわかっていることですが、小学生までの睡眠習慣が成長期の訪れに大きく影響します。

特に女の子の場合は、男の子よりも成長期が早く訪れますので、それが顕著になることで、最終身長が伸び悩むことに。

成長期が早く来て、早く終わるということは、それだけ身長が伸びる時期が短くなるということですので、身長が伸びないのも当然の話しですよね?

しかし成長期が遅い分には、健康上の問題も全くありませんので、実は成長期は遅いほうが良いんです。

日本人は慢性的に大人も子供も睡眠不足。

特に小学生の場合は、8〜9時間の睡眠が必須ですので、毎日しっかり睡眠を取るようにして、少しでも早熟傾向を改善するようにしましょう。

そうすることで、すでに成長期に突入していても、性ホルモンの分泌量を抑制し、身長が少しでも伸びる時期を伸ばすことができます。

小学生の肥満体型やぽっちゃりは身長が伸びにくい状態

子供に成長期が訪れるのは、体内で分泌される性ホルモンの分泌量が一定量を超えたタイミング。

そのためにも、睡眠習慣を改善する必要がありますが、性ホルモンの原料に使われるのが脂肪細胞。

ぽっちゃり体型や肥満体型だと、性ホルモンの原材料が豊富なので、どんどん性ホルモンの分泌が盛んになり、成長期を早める結果に。

できるだけ標準体型を目指すようにしましょう。

実は睡眠時に分泌される成長ホルモンには、脂肪分解効果があることもわかっていますので、実は寝ているだけでもダイエットに繋がります。

小学生の肥満体型やぽっちゃり体型が、身長を伸ばしにくいからと、小学生の内に食事制限を含むダイエットを行うのは、大きな間違い。

最初に説明したように、慢性的な栄養不足の子供が多いので、成長に必要な栄養素をより摂取できない状態になりますので、食事の質を改善しましょう。

そして身体を動かすことで、摂取カロリーよりも消費カロリーを大きくすれば、自然とダイエット効果を実感できます。

性ホルモンは、成長期の前半で爆発的に身長を伸ばす効果もありますが、骨の骨端線を閉じる作用も。

だからできるだけ、遅いタイミングで分泌されることが子供の身長を伸ばすという意味では、非常に大切なことです。

最近の小学生は、慢性的に身長が伸びにくい状況だと理解しましょう。

周りの子供と成長が同じだと安心していると、知らぬ間に成長が止まってしまうことも。

戦後50年間で右肩上がりに10センチ以上も伸びた日本人の平均身長ですが、ここ20年ほどその伸びが停滞し、若干ながら縮み始めています。

だから周りの子供と成長が同じだと安心していると、実は低身長のグループに入ってしまうことも。

特に小学生の子供の成長に必要なタンパク質摂取量が激減していることが、日本人の平均身長が伸び悩んでいる大きな理由のひとつ。

レトルト食品や冷凍食品は、調理の手間もなく簡単に誰でも美味しい料理を作ることができますが、それと引き換えに栄養素がほとんど残っていません。

特に子供の身体を作るのためには、タンパク質をしっかり摂取することが大切。

肉類や魚介類、大豆食品などをバランス良く摂取することで、成長に必要なタンパク質をしっかり摂取しましょう。

そうすることで、身長が伸びにくい状況を改善することができます。

ただ肉類を食べる際には、脂肪分やカロリーも考えてあげることが大切。

ぽっちゃり体型や肥満体型は、性ホルモンの分泌を促進し、身長が伸びにくい状況になるということも、しっかり理解した上で、普段の食事で何を食べさせるのかを考えましょう。

ただ小学生の子供の場合、食事量が増えなかったり、好き嫌いが多くて、なかなかタンパク質を摂取することができない場合もあるので、その際には身長サプリメントを活用するのもひとつの方法。

小学生で身長が伸びない子供には、カラダアルファが効果的。

食事量が増えなかったり、好き嫌いが多い子供のタンパク質や成長に必用な栄養素の摂取に役立つのが、身長サプリメントのカラダアルファ。

実はカラダアルファで摂取できる栄養素の53.8%は、タンパク質。

しかもスピルリナを原材料の4割も配合しているので、非常に優れた効果を実感できる特徴も。

スピルリナはWHOも認める、50種類以上の栄養素を豊富に含み、栄養吸収率が95%以上という子供の成長に役立つ食材。

だからカラダアルファが、小学生で身長が伸びないと悩んでいる子供には、ピッタリなんです。

実際に多くの小学生がカラダアルファを飲んで、成長に必要な栄養素を摂取し、グングン成長しています。

成長期の10代専用の身長サプリメントであるカラダアルファなので、小学校中学年〜高学年の栄養摂取にピッタリ。

錠剤なので、忙しい朝でも、好き嫌いの多い子供でもさっと飲むことができ、栄養面のサポートを行ってくれます。

もしあなたが小学生のお子さんの身長をしっかり伸ばしたいと思うのなら、3〜6ヶ月はカラダアルファを飲ませることをおすすめします。

そうすることが、小学生の子供が持っている身長を伸ばす仕組みを最大化し、しっかり成長することに繋がりますよ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!