栄養機能食品では、子供の身長を伸ばすのに必要な栄養素が摂取できないという現実を知っていますか?

トクホ(特定機能食品)と混在されがちな栄養機能食品ですが、その実際の意味と効果を理解している人が少ないんです。

栄養機能食品という制度の隠された闇の部分から考えられる、実際の効果や効能をまとめて解説。

栄養機能食品とは、どのような食品のことなのか?

e866f7b43b24c9a8a7e9cb0da702104b_s

栄養機能食品とは、1日に摂取すべき栄養素をしっかり摂取できない人に対して、国が定めた基準にしたがって、各企業が栄養素を配合し提供している食品のこと。

こう書くと、なにか凄く効果がありそうに聞こえます。

しかしその実態は、 1日当たりの摂取目安量に対して、国が定めた上・下限値の規格基準に適合しているものなら、栄養機能食品として販売することができるというもの。

一定の基準内に納めれるだけで、どんな食品でも栄養機能食品として販売することができると言いかえることもできます。

栄養機能食品の栄養素別の上限値と下限値、実際の栄養素の種類とは?

702061cfc0a785e9085ad368704dec1b_s

栄養機能食品として販売できる栄養成分は、ビタミンやミネラルの補給に利用されるものに限定されています。

実際の栄養素の上限値と下限値をまとめて紹介すると、

  • 亜鉛…下限は2.10mgで、上限は15mg
  • カルシウム…下限は210mgで、上限は600mg
  • 鉄…下限は2.25mgで、上限は10mg
  • 銅…下限は0.18mgで、上限は6mg
  • マグネシウム…下限は75mgで、上限は300mg
  • ナイアシン…下限は3.3mgで、上限は60mg
  • パントテン酸…下限は1.65mgで、上限は30mg
  • ビオチン…下限は14μgで、上限は500μg
  • ビタミンA…下限は135μgで、上限は600μg
  • ビタミンB1…下限は0.30mgで、上限は25mg
  • ビタミンB2 …下限は0.33mgで、上限は12mg
  • ビタミンB6…下限は0.30mgで、上限は10mg
  • ビタミンB12…下限は0.60μgで、上限は60μg
  • ビタミンC…下限は24mgで、上限は1000mg
  • ビタミンD…下限は1.50μgで、上限は5.0μg
  • ビタミンE…下限は2.4mgで、上限は150mg
  • 葉酸…下限は60μgで、上限は200μg

トクホ(特定保健用食品)と違う栄養機能食品の実態とは?

c112cf4c9d67edac2c4fcfadeb38176a_s

安全で効果的だと考えられているトクホですが、トクホとは特定保健用食品のことで、国が有効性や安全性を個別に審査して許可した非常に厳しい審査を通過した食品。

だから、消費者としても安心して口にすることができ、その効果や効能を期待することができる特徴があります。

しかし、栄養機能食品はそうではありません。

上記で説明したとおり、ビタミンやミネラルが基準内に収まっていれば良いんです。

しかもそれは、国が個別審査をするのではなく、各企業がしっかり配合されていると言えば良いだけの制度。

ここに大きな問題があります。自社の商品を自社の基準でチェックし、栄養機能食品として販売する。

実際に国や自治体が、その商品をチェックしているわけではありませんので、その審議には疑問が残りつつも、いかにも効果が凄そうに商品パッケージなどに書かれています。

だからこそ、消費者が少し賢くならなければならない部分。

栄養機能食品の身長サプリメントの実際の効果とは?

実際に栄養機能食品として、販売されている子供用の身長サプリメントで多い成分は、 カルシウム・ビタミンD・鉄分です。

これらを含む食品を摂取しても、子供の身長を伸ばす効果がないことはわかっています。

さらに、効果がないだけではなく、過剰摂取につながり、健康被害が出る可能性すらあると言われているんです。

そんな成分を子供に摂取させるべきでしょうか?

わたしなら反対です。でもそれを知らずに、 セノビックやアスミールなどを子供に飲ませている親御さんが本当に多いんです。

これ私の見解ではなく、日本小児内分泌学会の公式見解です。

過去にセノビックを薬事法違反で追求したのが、日本小児内分泌学会。

そういった経緯もあり、日本小児内分泌学会が、カルシウム・ビタミンD・鉄分を含んだサプリメントでは、子供の身長が伸びないと断言しています。

本当に知らないことだらけですが、そういったことが過去にありました。

あなたはどちらを信じますか?

一企業(ロート製薬)なのか?医師の見解(日本小児内分泌学会)なのか?

私は営利主義の企業よりも、低身長の治療を行っている医師団体の公式見解を信じますので、栄養機能食品だから、子供の身長が伸びるとは思いません。

セノビックやアスミールで摂取できる栄養素とは?

とは言え、過去に遺恨があったこともありますので、公平な判断をしたいと考える人もいらっしゃるでしょう。

そこでセノビックやアスミールのような栄養機能食品の成長応援飲料を飲むことで、子供が実際にどのような栄養素を摂取できるのか?

その点を踏まえて、子供の身長に対する効果を判断する方が、より冷静で公平だと思いませんか?

そこで我が家にあるセノビックとアスミールのパッケージの一部から、実際に摂取できる栄養素を紹介すると、

セノビック(ミルクココア味)で摂取できる栄養成分表は、

アスミールで摂取できる栄養成分表は、

セノビックは85%、アスミールは71.3%が実は炭水化物。

カルシウムやビタミンD、鉄分をいくら栄養機能表示していても、セノビックとアスミールでは、子供の身長を伸ばす際に最も大切なタンパク質が不足しています。

これではどれだけ大量に飲み続けても、身長を効率的に伸ばすことができずに、将来的に低身長で悩んでしまうことに。

そうならないようにするためにも、栄養機能食品だから子供の成長に役立つという誤った認識を改める必要があります。

子供の成長に必要なことは、どれだけ豊富な栄養素をバランスよく摂取できるのかということ。

その点から考えてもセノビックやアスミールでは役不足です。

実際の商品選びをする際には、栄養機能食品だからということではなく、しっかり成長に必要な栄養素を摂取できるのかどうかという視点で判断するようにしましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!