Dr.senobiru(ドクターセノビル)は、成長期の子供の骨端線に作用することで、身長が伸びるサプリと話題。

Dr.senobiru(ドクターセノビル)に含有されているアルギニンが、成長ホルモンの分泌促進効果を高め、効率的に身長を伸ばすことができるのでしょうか。

科学的なデータや、医学的な検知から考えられるアルギニンサプリメントに関する情報をまとめて徹底検証。

Dr.senobiruのアルギニンが成長ホルモンの分泌を促進するのか?

Dr.senobiru(ドクターセノビル)は、アルギニンを高配合していることで、成長期の子供に重要な成長ホルモンの分泌促進効果が期待できる身長サプリメント。

実際にDr.senobiru(ドクターセノビル)2袋(1日分)で、5,000㎎ものアルギニンを摂取できることで、成長ホルモンの分泌に効果的に作用すると考えられています。

なぜアルギニンが、成長ホルモンの分泌促進をするのか。

アルギニンは、成長ホルモン分泌刺激試験の試薬として使われており、医療現場で実際に成長ホルモンが分泌されるかどうかを、チェックする際に使われている成分だから。

だからアルギニンを高配合しているDr.senobiru(ドクターセノビル)は、子供の身長を伸ばす効果が期待できると言われています。

しかし実際には、Dr.senobiru(ドクターセノビル)で摂取できるアルギニンでは、摂取量が不足しており、成長ホルモンの分泌促進効果を期待することが出来ません。

というか、アルギニンサプリメントでは、アルギニンの摂取量と摂取方法が異なるので、成長ホルモンの分泌に影響もしませんし、身長を効率的に伸ばすことができないことは科学的に証明されています。

だから、成長ホルモンに関する効果を考えるのであれば、アルギニンサプリメントやDr.senobiru(ドクターセノビル)を摂取することは、オススメの方法ではありません。

Dr.senobiruが骨の骨端線に作用するのか?

そんなDr.senobiru(ドクターセノビル)だから、骨の骨端線に直接作用する効果があると考えるのも難しい話。

骨の骨端線が成長する際に必要になる成分はコラーゲン。

体内に吸収されたアミノ酸が、骨端線の部分でコラーゲンに再合成されて、骨の骨格部分を形成します。

Dr.senobiru(ドクターセノビル)で豊富なアミノ酸(タンパク質)を摂取できれば良いのですが、1袋のDr.senobiru(ドクターセノビル)では、2.5gしかタンパク質を摂取することが出来ませんので、絶対量が不足。

しかもタンパク質といえども、公式サイトを見ればそのすべてがアルギニンの可能性も。

成長期の子供には、1日50〜60gものタンパク質が必要なので、比較するとわかりますが、明らかに摂取量が少ないですよね。

しかもアルギニンで成長ホルモンが分泌促進されなければ、骨端線で骨が伸びる効率を高めることはできません。

そういった意味でも、Dr.senobiru(ドクターセノビル)が骨の骨端線に作用して、何かしらの変化を与えると考えるのは、難しいでしょう。

Dr.senobiruで成長期の子供の身長が伸びるのか?

Dr.senobiru(ドクターセノビル)で子供の身長が伸びるのかという点については、これらのことから総合的に考えると、難しいと言わざるをえないというのが実情。

実際に成長ホルモン分泌刺激試験で使用されるアルギニンの摂取量は、1kgあたり0.5g。

これを血管内に直接投与(注射や点滴)して、それでアルギニンの血中濃度を異常に高めることで、はじめて成長ホルモンの分泌に影響を与える効果を発揮。

そういった点から考えると、5gのアルギニンを経口摂取するDr.senobiru(ドクターセノビル)では、摂取量が圧倒的に不足していますよね?

しかもアルギニンは強アルカリ性なので、摂取量が増えると胃痛や下痢などの副作用を招く原因になるだけではなく、健康に対する影響も不明な点が多いんです。

だからDr.senobiru(ドクターセノビル)の摂取量を増やせば良いという簡単な話でもありません。

これらのことを総合的に判断すると、Dr.senobiru(ドクターセノビル)を飲んだからといって、成長ホルモンの分泌促進効果を実感することも、骨端線に作用することもない。

だから、子供の身長を伸ばす効果を期待するのが難しいというのが実際の姿。

アルギニンを身長サプリメントで摂取しても、成長ホルモンの分泌促進効果がないことは、日本小児内分泌学会の公式見解でもわかっています。

成長期の子供にとって、本当に大切なことは、様々な栄養成分をバランスよく摂取すること

これが身長を伸ばす際に、最も重要な効果を発揮してくれる方法です。

骨端線が閉鎖すれば、子供の身長は伸びなくなる!

これは子供の身長を伸ばしたいと考えるご両親が、まず最初に知っておくべきことですが、骨の骨端線が閉鎖すれば、身長を伸ばすことはできません。

だからDr.senobiru(ドクターセノビル)のような身長サプリメントを活用しようと考えるのだと思いますが、骨端線は誰もが成長期の終わりになると閉鎖することに。

もし骨端線が閉鎖しなければ、身長がずっと伸び続けますので、それはそれで問題ですよね?

でも予想よりも早い段階で骨端線が閉鎖してしまったり、身長が伸びきらないうちに骨端線が閉鎖してしまうと、将来的な低身長のリスクに。

そうならないためにも、骨端線が残っているうちにしっかり身長を伸ばしてあげることが大切。

一般的に骨端線が閉鎖するのは男子は16〜18歳、女子は15〜17歳前後と考えられていますので、それまでにしっかり対処することが大切。

骨端線が閉鎖してしまえば、イリザロフ手術やISKD手術などの外科的手法で、無理やり骨を切って伸ばすことしか、身長を高くする方法はありません。

本当に大変なことですので、自然に身長が伸びるうちに、しっかり栄養補給をおこない、少しでも身長を伸ばす仕組みを活性化させていきましょう。

骨端線への作用ならDr.senobiruよりもカラダアルファ!

アルギニンを高含有しているものの、骨端線への作用という意味では効果なしのDr.senobiru(ドクターセノビル)ですが、それよりも確実に作用するのはタンパク質を摂取すること。

先ほども解説したように、骨の骨端線の軟骨細胞を伸ばすには、アミノ酸を豊富に含んだタンパク質をしっかり摂取することが基本。

その為にも身長サプリメント選びの際には、実際にタンパク質を摂取できるものなのかを徹底検証することが重要。

現在販売されている身長サプリメントの中で、最も吸収率が高い形で豊富なタンパク質を含有しているのが、成長期の10代専用の身長サプリメントのカラダアルファ。

カラダアルファなら実際に摂取できる栄養成分の53.8%が植物性タンパク質。

だから豊富な栄養成分をしっかり摂取でき、子供の身長を伸ばすという意味でも非常に効果的で、成長期の中高生にぜひ試してもらいたい商品。

どうしてもDr.senobiru(ドクターセノビル)にこだわりがあるのなら、カラダアルファはおすすめしませんが、実際に摂取できる栄養成分をチェックしても、明らかにカラダアルファの方が効果は上

すでに多くの人がカラダアルファを飲んで、子供の身長を伸ばしたり、健康状態の改善に役立てていますので、本当におすすめですよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!