男子必見、中学生が夏休みに身長を伸ばす方法で超簡単なものを紹介します。

成長期の真っ盛りのタイミングが、中学生の夏休み。その時期に過ごし方ひとつで、身長の伸びが大きく変わることに。

実際に身長を伸ばす効果が高く、夏休みだけでも数センチは伸びる可能性がある方法を厳選紹介!

成長期の中学生でも夏休みの過ごし方で身長の伸びが変わる!

男の子が最も身長が伸びるタイミングのひとつが、中学生の夏休みです。

最終身長が高い人の中には、この夏休みのタイミングをうまく使って身長を伸ばした人が、たくさんいるのを知っていますか?

あなたが少しでも平均身長を超えたいのであれば、このタイミングを逃さないことが基本です。

夏休みをきっかけに身長が伸びやすい生活リズムに変更することで、その後の半年や1年間の身長の伸びが大きく変わります。

では実際にどのような過ごし方をすれば、夏休みをきっかけにして身長が伸びるサイクルに突入できるのかを簡単に紹介します。

身長を伸ばすには、睡眠時間の確保とその質の上昇が基本。

まず最初に意識するのは、睡眠時間と睡眠の質の向上。

睡眠時間を活用することが、超簡単な長身法ですが、なかなか実践できないのも事実です。

基本は早寝早起きの生活習慣で、朝起きたら朝陽をしっかり浴びて、体内時計をリセットしましょう。

睡眠時間を確保して、毎朝体内時計をリセットすること。

そうすることで、メラトニンやセトロニンの分泌量も増え、あなたが何もしなくとも身長が伸びやすい状態に変化します。

寝るだけで身長が伸びるというのは、多くの人が知っている情報ですが、それを実践できないのも事実。

睡眠時間を確保できないなら、最初の3時間を大事してください。

この入眠直後の3時間が、最も成長ホルモンが分泌されるタイミングです。

その3時間をどう活用するのか、それがキーワード。

真っ暗で静かな部屋でリラックスして眠る。そうすることで成長ホルモンの分泌量と質を向上させることが可能です。

中学生の夏休みに身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌量を最大化することが基本。

その為にも、睡眠時間では最初の3時間が最も大切であることを理解しましょう。

成長に必要な栄養素をしっかり摂取して、身長の伸びをサポート

そして身長を伸ばすには、タンパク質を中心にした栄養素をバランスよく摂取することが大切。

1日50〜60mgものタンパク質を継続的に摂取することが基本です。

その積み重ねが、骨の骨格を作ることになり、成長ホルモンの効果を最大化。

成長ホルモンを作るためにも、骨を伸ばすためにも栄養成分が必要です。

その際に、インスタント食品や加工食品、ジャンクフードやスナック菓子ばかり食べていたので、全く成長に必要な栄養素を摂取することができません。

でもタンパク質=お肉だと思ってしまうのも軽率です。

確かにお肉には、タンパク質が豊富ですが、その分脂質もカロリーも大量に含まれていますので、それも摂取することに。

だから魚介類、大豆製品などを組み合わせたり、鶏肉や赤みなどの脂肪分の少ないものを選んだりする必要があります。

何をどう食べるのかで、身長が伸びるかどうかは大きく変わりますので、そこもしっかり意識しましょう。

いずれにしても、中学生の夏休みというタイミングは、身長を伸ばすことができる最高のタイミング。

何もしなくとも伸びたという人は、自然と身長が伸びやすい生活リズムで過ごしているからです。

夏休みは1ヶ月以上あるので、そこで生活リズムや生活習慣を改善することは可能ですし、この時期の過ごし方は本当に大切。

そう考えて、しっかり身長を伸ばすことができる過ごし方で過ごし、あなたが持っている身長を伸ばす力を最大化していきましょう。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!