男子必見、中学生が夏休みに身長を伸ばす方法で超簡単なものを紹介します。

成長期の真っ盛りのタイミングが、中学生の夏休み。その時期に過ごし方ひとつで、身長の伸びが大きく変わることに。

実際に身長を伸ばす効果が高く、夏休みだけでも数センチは伸びる可能性がある方法を厳選紹介!

成長期の中学生でも夏休みの過ごし方で身長の伸びが変わる!

男の子が最も身長が伸びるタイミングのひとつが、中学生の夏休みです。

最終身長が高い人の中には、この夏休みのタイミングをうまく使って身長を伸ばした人が、たくさんいるのを知っていますか?

あなたが少しでも平均身長を超えたいのであれば、このタイミングを逃さないことが基本です。

夏休みをきっかけに身長が伸びやすい生活リズムに変更することで、その後の半年や1年間の身長の伸びが大きく変わります。

では実際にどのような過ごし方をすれば、夏休みをきっかけにして身長が伸びるサイクルに突入できるのかを簡単に紹介します。

身長を伸ばすには、睡眠時間の確保とその質の上昇が基本。

まず最初に意識するのは、睡眠時間と睡眠の質の向上。

睡眠時間を活用することが、超簡単な長身法ですが、なかなか実践できないのも事実です。

基本は早寝早起きの生活習慣で、朝起きたら朝陽をしっかり浴びて、体内時計をリセットしましょう。

睡眠時間を確保して、毎朝体内時計をリセットすること。

そうすることで、メラトニンやセトロニンの分泌量も増え、あなたが何もしなくとも身長が伸びやすい状態に変化します。

寝るだけで身長が伸びるというのは、多くの人が知っている情報ですが、それを実践できないのも事実。

睡眠時間を確保できないなら、最初の3時間を大事してください。

この入眠直後の3時間が、最も成長ホルモンが分泌されるタイミングです。

その3時間をどう活用するのか、それがキーワード。

真っ暗で静かな部屋でリラックスして眠る。そうすることで成長ホルモンの分泌量と質を向上させることが可能です。

中学生の夏休みに身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌量を最大化することが基本。

その為にも、睡眠時間では最初の3時間が最も大切であることを理解しましょう。

寝起きに朝陽を浴びて体内時計をリセットすると成長期の期間が伸びる!

睡眠時間をしっかり確保したら、大事なことは寝起きに朝陽を浴びる習慣を身につけること。

これが体内時計をリセットする方法のひとつで、成長期を長くすることができるすごく簡単な方法です。

実は人間の体内時計は24時間よりも少し長い、24時間11分。

この11分の誤差が積み重なることで、あなたが気づかないうちに微妙なズレが生じます。

だから11分を巻き戻すために、朝陽を浴びて体内時計をリセットする必要があり、リセットすることで、メラトニンの分泌量が増加。

メラトニンには睡眠ホルモンとして作用する部分と、性ホルモンの分泌を抑制するという作用があります。

性ホルモンが分泌され続け、ある量まで到達するとそこで成長期が終わり、骨の骨端線が閉じてしまうことで、身長が止まる結果に。

だからメラトニンをしっかり分泌し、性ホルモンの分泌量を少しでも抑制することが、中学生の身長を伸ばす期間を長くすることに繋がります。

化学的にも証明されいることで、特にお金のかからない方法なので、夏休みは寝起きにカーテンをちゃんと開けて、朝陽をしっかり浴びるようにしましょう。

成長に必要な栄養素をしっかり摂取して、身長の伸びをサポート

そして身長を伸ばすには、タンパク質を中心にした栄養素をバランスよく摂取することが大切。

成長期の中学生は、1日50〜60mgものタンパク質を継続的に摂取することが基本です。

その積み重ねが、骨の骨格を作ることになり、成長ホルモンの効果を最大化。

成長ホルモンを作るためにも、骨を伸ばすためにも栄養成分が必要です。

その際に、インスタント食品や加工食品、ジャンクフードやスナック菓子ばかり食べていたので、全く成長に必要な栄養素を摂取することができません。

でもタンパク質=お肉だと思ってしまうのも軽率です。

確かにお肉には、タンパク質が豊富ですが、その分脂質もカロリーも大量に含まれていますので、それも摂取することに。

だから魚介類、大豆製品などを組み合わせたり、鶏肉や赤みなどの脂肪分の少ないものを選んだりする必要があります。

何をどう食べるのかで、身長が伸びるかどうかは大きく変わりますので、そこもしっかり意識しましょう。

いずれにしても、中学生の夏休みというタイミングは、身長を伸ばすことができる最高のタイミング。

何もしなくとも伸びたという人は、自然と身長が伸びやすい生活リズムで過ごしているからです。

夏休みは1ヶ月以上あるので、そこで生活リズムや生活習慣を改善することは可能ですし、この時期の過ごし方は本当に大切。

そう考えて、しっかり身長を伸ばすことができる過ごし方で過ごし、あなたが持っている身長を伸ばす力を最大化していきましょう。

成長期の中学生で身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌量が大事!

睡眠習慣に食習慣を改善することで、成長期の中学生の身長を伸ばすことができるようになりますが、その際に意識するのは、成長ホルモンの分泌量。

特に中学1年生や2年生なら、成長ホルモンが分泌されさればされるほど、身長がグングン伸びることに。

だから夏休みは、少しだけでも良いので体を動かす習慣を意識してください。

太陽の下でなくとも良いですが、夏なら10分ほど太陽の下で活動することで、カルシウムの吸収率を高めるビタミンDが腸内で合成できます。

さらに運動をすると、運動開始後15分〜終了後3時間ほど、微量ですが成長ホルモンを分泌。

その微量の積み重ねが、夏休み以降の身長の伸びにも大きな影響を与えることにつながりますので、ストレッチでも良いので身体は動かしましょう。

また暑い夏でも、運動後は湯船にしっかり浸かることで、汗やヨゴレを洗い流すだけではなく、血流を改善したり、老廃物を排出する効果も。

血流が促進されることで、全身の細胞まで成長に必要な栄養素を運ぶことができますので、夏でもシャワーだけで過ごさないようにしましょう。

分泌した成長ホルモンをしっかり活用する意識を持っておくことも、中学生の夏休みに身長を伸ばすために必要なことです。

中学生の夏休みをきっかけに身長を伸ばすなら、サプリメントも大事かも

成長期の中学生のタイミングなら、何もしなくともある程度の身長は伸びる可能性が高いですが、より効率的に身長を伸ばしたいのなら、身長サプリメントの力を借りるのもありかも。

成長期が終わると、身長が自然に伸びることがなくなりますので、実は多くの人にとって中学生の夏休みは、身長を一気に伸ばす非常に良いタイミング。

だからその好機を逃さないためにも、身長サプリメントを活用するのがおすすめです。

身長サプリメントにも様々な商品がありますが、まずは成長期の中学生以上の子供を対象にしたものを選ぶようにしましょう。

セノビックやアスミールは、小学校低学年向けなので、中学生の子供に飲ませても全く意味がありません。

それと成長に必要な栄養素をしっかり摂取できるもの。

特にタンパク質を豊富に含み、天然成分を原材料に使用しているもので、実際の販売実績や口コミ、評価等のしっかりしているものを選ぶことも大切。

しっかりとした基準で中学生向けの身長サプリメントを選ぶと、カラダアルファが最もおすすめだということがわかります。

実際に摂取できる栄養素の53.8%がタンパク質。

それに50種類以上の栄養素をバランスよく含有し、その吸収率が95%以上のスピルリナを原材料の4割も含有しているので、本当に中学生の夏休み以降にピッタリの身長サプリメントです。

実際に私も子供に飲ませて本当に良い商品だとその効果を実感していますので、おすすめかも。

まずは家庭でできることを実践して、それ以上にしっかりお子さんの身長を伸ばしたいのなら、身長サプリメントも活用するとしっかり成長させることができますよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!