朝食も食べ方や食べる食材により、身長を伸ばす効果が変わってきますし、全く食べないことは健康上も問題になります。

そこで、これを朝食に食べると子供の身長を伸ばす際に、効果的な食材にはどのようなものがあるのかを徹底紹介。

朝ごはんをしっかり食べることで、、子供の背が効率的に伸びる環境を整えてあげることが非常に大切です。

朝食に食べることで、子供の身長を効率的に伸ばす食材とは?

最近は朝食を食べなかったり、軽く済ましまうサラリーマンのような食習慣を送っている子供が増えていますが、朝食こそ1日の食事の中でも最も大事なもの。

朝食に何を食べるのかで、集中力や1日の活力が変わってきますし、子供の背を伸ばす効果も変わります。

そこで実際に朝食にどのようなものを食べるのが効果的なのか?具体的な食材を紹介しますので、出来る限り子供には、朝食を食べさせるようにしてください。

納豆や味噌汁などの大豆製品でタンパク質を摂取する

タンパク質は骨の骨格を作ったり、体の様々な部分を作るために必要な栄養素であるアミノ酸の集合体。

タンパク質が不足すると、骨を伸ばすことができなくなりますので、身長が伸びない結果に。

大豆などの植物性タンパク質は朝ごはんに食べ、昼ごはんや夜ご飯に肉や魚などの動物性タンパク質を摂取すれば、より効果的に身長を伸ばすことができます。

タンパク質は、骨だけではなく身体を作る際に非常に大切ない要素なので、意識して食べるようにしましょう。

納豆で成長ホルモンに役立つ亜鉛を摂取する

子供の身長を伸ばす際に、縁の下の力持ち的な役割りを果たすのが亜鉛の役目。

亜鉛を摂取することで、成長ホルモンの合成に役立ちますし、タンパク質の再合成の際にも効果的に作用します。

納豆には、タンパク質と亜鉛が含まれていることで、朝食にピッタリ。

安価で購入できることなどもありますので、朝食の一品に納豆を加えることを忘れないようにしましょう。

牛乳やチーズなどの乳製品でカルシウムを摂取する

cheese-1698923_640

カルシウムは、骨を強化する為に必要な栄養素なのに、多くの日本人が不足しがちな栄養素。

朝食にカルシウムを豊富に含んだ乳製品を、しっかり摂取することは非常に大切なこと。

特に子供の頃にどれだけ大量のカルシウムを摂取することができたかによって、将来の骨粗しょう症のリスクも大きく変わってきますので、牛乳やチーズは出来る限り食べるようにしましょう。

またカルシウムは極めて吸収率の低い栄養素なので、ビタミンDをあわせて摂取することで、体内への吸収率を高めてあげましょう。

しらす干しでマグネシウムを摂取する

マグネシウムには、カルシウムの吸収率を高める作用がありますので、カルシウムに合わせて摂取したい栄養素。

しらす干しを白米にのせて醤油をかけたり、大根おろしとしらす干しとお醤油なんて組み合わせも良いでしょう。

マグネシウムはアーモンドやナッツなどにも含まれていますし、玄米食に変えることで摂取する事もできます。

子供が飽きないように組み合わせを考えて、食べさせるようにしましょう。

わかめや海藻でビタミンKを摂取する

salad-374173_640-1

カルシウムの骨への吸着効率を高めるのが、ビタミンKの役割り。

ビタミンKは、子供に特に不足しがちな栄養素なので、意識的に摂取する必要があります。

わかめの味噌汁やわかめサラダ、海藻サラダなどで摂取すると、ビタミンKに合わせてミネラル分も補うことができますので、味噌汁の具にわかめは欠かさないようにしましょう。

野菜でビタミンCを摂取する

ビタミンCは人間が生きてく上で、必要になる栄養素。

健康管理にも美容面でも役立つビタミンCですが、加熱されると消失してしまうので、生野菜で摂取するのが基本です。

朝食にサラダを食べるようにしたり、デザートに果物を食べるようにしたり、その日の朝食のおかずとの組み合わせを考えて、食べさせるようにしましょう。

 

ここまでしっかり栄養素を摂取することができれば、子供の身長が伸びない理由がひとつ減ります。

日本の水は軟水なので、硬水でミネラル分を補うことを隠し技的に活用するのも良いでしょう。

いずれにしても、子供の身長を伸ばす為には朝食は本当に大事なもの。

朝ごはんを食べない子供はキレやすくなったり、精神的にも情緒不安定な状態になりやすいので、小さな頃から朝ごはんはしっかり食べる癖をつけておきましょう。

日本人の総摂取カロリーが、ここ10年で約2割も減少している

これはあまり多くの人が気づいていないことかもしれません。

戦後伸び続けていた日本人の総摂取カロリーが、1960年代〜70年代の2200kcal前後をピークに、徐々に低下しています。

1995年と2010年を比較すると、約2050kcalから約1850kcalへと大きく減少し、戦後間もない時代の1900kcalよりも下がっていることに。

これが何を意味しているのか?

まさにサラリーマンの様に朝食を食べない日本人が増え、それが大人だけではなく、子供にも波及している。

しかも子供の骨格や成長に最も役立つタンパク質も、全世代の摂取量がピークよりも18%も低下している現状があります。

戦後の日本人の平均身長が伸びたのは、食事による栄養素や摂取カロリーの増加の影響。

しかしそれが減少に転じていることで、どんどん身長が伸びにくい環境に変わってきています。

特に共働きや核家族化、ひとり親家庭の増加により、昔ほど魚を食べなくなったり、栄養バランスを考えなくなったりと、子供を取り巻く食習慣がどんどん悪い方向に。

朝食を食べないというのは、夕ご飯から考えると、12時間以上も何も食べない状態で過ごすということです。

それが成長に良い理由はありませんので、まずは朝食をしっかり食べさせること、その際にも栄養バランスを考えてあげることを意識しましょう。

もしそれができないのであれば、サプリメントなどで成長に必要なタンパク質を中心としたバランスの良い栄養素を補ってあげることが大切です。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!