普段からお風呂に入浴することで、子供の身長を伸ばす効果や子供の成長を促進する効果があるって本当なのでしょうか?

お風呂と子供の成長の関係について紹介しますので、小さなお子さんをお持ちのお母さんや、身長が伸び悩んでいるお子さんは参考にどうぞ。

お風呂でストレッチを行うことでも入浴の効果が倍増しますので、お風呂を上手く活用して、背が伸びやすい環境にしましょう。

毎日お風呂入ることで、睡眠にプラス効果があるので身長にもメリットが。

毎日お風呂に入って湯船に浸かることで期待できる効果はいくつかありますが、最も子供の身長に影響を与えるのが、睡眠に対する効果。

ゆっくり湯船に浸かることで体の深部体温が上がり、その後は時間の経過とともに深部体温が下がることで、眠気を生じさせるという体のメカニズムがあります。

実際に研究結果としてもこのことが実証されており、入浴した場合と入浴しない場合では、睡眠までの時間が大きく異なること、また睡眠の質も改善されることがわかっています。

子供の身長を伸ばすという意味では、幼少期から睡眠習慣や成長期の睡眠の質は非常に大切な要素ですよね?

睡眠時間の確保と睡眠の質の向上は、成長ホルモンの分泌量にも非常に大きな影響を与えますので、身長を伸ばす仕組みがしっかり作用し、成長期に身長の伸びを最大化できる結果に。

だから睡眠時間の数時間前に、しっかりとお風呂で湯船に浸かって体を暖めておくことが非常に大切。

お風呂に入ると心も体もリラックスでき、全身の血流も改善される

湯船に浸かることで体が感じる体重は、通常時の9分の1〜10分の1まで減少します。

普段は体を支えてるお尻や太ももの筋肉も、湯船に入浴中は緊張から開放されてリラックスモードに突入。

筋肉の緊張は脳とも連鎖している為に、筋肉の緊張がほぐれることは脳の刺激も減少し、疲労感を感じにくくなり心も体もリラックスできる状態に。

さらに水圧によるマッサージ効果がリラックス状態を促進。

水圧は普段感じている気圧よりも強い圧力がありますので、下半身に溜まった血液を押し上げる効果が期待できます。

その結果、足の疲れやむくみを解消したり、心臓付近の血流やリンパの流れも改善されて、循環器や心肺機能の改善にも効果的。

血流の改善は血管だけではなく、毛細血管にも及びますので、栄養や酸素が全身に送られるようになり、体の疲労回復を促進してくれます。

さらに、老廃物の排出も促進し、内臓機能にまで影響を及ぼすことがわかっていますので、日々の疲れを解消するためにも、湯船に浸かることは非常に大切。

子供の身長を伸ばす際に意識したい入浴方法とは?

子供の場合じっくり湯船に浸かってくれずに、シャワーだけで済ましてしまう事もあるかもしれませんが、上記の効果を考えると、やはりしっかりと湯船に浸かることを習慣化させることが大切。

特に夏場や見たいテレビ番組などがある場合には、じっとお風呂に浸かってくれなくなりますので、入浴時間はお風呂に専念できるようにしておきましょう。

さらにお風呂への入浴効果を高める方法がありますので、代表的なものを紹介します。

38〜40度のぬるま湯に浸かってリラックス効果を高める。

お風呂でのリラックス効果を高めるためには、副交感神経を優位に働かせる必要があります。

この副交感神経は38〜40度のぬるま湯で入浴することでしっかり作用しますので、湯船の温度はぬるめを意識しましょう。

もし40度以上の温度で入浴すると副交感神経ではなく、交感神経が優位になってしまいますので、リラックス効果を得ることは難しくなります。

入浴時に副交感神経を優位にしておくことは、睡眠時にも熟睡できる様になりますし、入眠時間も短めになるので、お湯の温度を意識しましょう。

入浴のタイミングは、睡眠の30分〜1時間前が最もおすすめ

ぬるま湯で副交感神経を優位にしておくことが、スムーズな入眠に繋がります。

布団に入る1時間前を目安にお風呂に入るようにして、お風呂から出たら1時間後以内には寝るようにしましょう。

そうすると、深部体温と副交感神経のお陰で快眠でき、疲労回復や成長ホルモンの効率的な分泌につながります。

ただし、食後すぐに入眠してしまうと、内臓への負担が大きくなりますので、それは避けるべき。

できれば帰宅後にお風呂に入ってスッキリしてからご飯を食べる。そんな流れで生活すると、ダラダラ起きておらずにスムーズに寝てくれますので、睡眠時間の確保にも役立ちます。

湯船に浸かる時間は20〜30分を目安にする

ぬるま湯の湯船に浸かる時間は、20〜30分を目安にすると良いでしょう。

しかし子供の場合おとなしく我慢してくれませんので、途中で頭を洗ったり、DVDや映画を見せるなど工夫が必要かもしれません。

毎日お風呂に入るので、この時間をどう使うのか?これは非常に大切なこと。

カラスの行水では疲れも取れませんし、快眠にも繋がりません。出来る限り、ぬるま湯でしっかり湯船に浸かる。

入浴と睡眠を一連の流れで考えると子供の身長が伸びやい環境になる

お風呂上がりには、深部体温の変化で子供は睡魔を感じますし、食事でも満腹になると眠気が襲ってきますよね?

これをうまく活用して、帰宅→お風呂→食事→就寝という一連の流れで考えてみるとスムーズに寝てくれるかもしれません。

特に幼少期からこういった生活習慣で過ごしていれば、ご飯を食べたら寝るという意識が働き、早寝の生活習慣が身につきやすくなります。

子供は楽しいことがあると、はしゃいだり、テンションが上ったりして、寝付きが悪くなりますので、その点は注意が必要。

今回紹介した入浴方法に合わせて、どのタイミングで寝かせるのかもしっかり考えてあげましょう。

いずれにしても日々の入浴は本当に大切なこと。

しっかりぬるま湯に浸かる習慣を小さい時から身につけておけば、自然に自分でもできるようになりますので、ぜひ身長を伸ばしやすい入浴法を実践してくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!