成長期の中学生が、10センチ身長を伸ばす根拠がある方法を紹介します。

様々なデータから分かる最近の中学生の身長が伸び悩んでいる明確な理由と、その改善方法とは?

ポイントさえ理解すれば、成長期の中学生が年間10センチの身長を伸ばすのは、案外簡単なことかもしれませんよ。

成長期の中学生なら年間10センチ身長伸ばすのも可能!

成長期の中学生男子なら、年間10センチほど身長が伸びるのは、そこまで珍しい話ではありません。

うちの旦那さんも中学生の頃は2年連続で10センチ伸び、一気に身長が高くなったと言っていますし、息子も12センチほど伸びていますので、凄くありふれた話。

でも成長期に年間10センチも身長が伸びない子供が、年々増えているのは知っています。

だから我が家では身長サプリメントを飲ませたり、身長がしっかり伸びる工夫を行なった結果、息子の身長がしっかり伸びる結果に。

もし何もしていなければ、10センチどころか7センチとか5センチしか、身長が伸びなかったかもしれません。

それくらいここ最近の中学生が置かれている環境は、身長が伸びにくいものになっているという現実があります。

だからこそ、身長を伸ばす基本をしっかり理解して、成長期の中学生のタイミングでしっかり身長を伸ばすことができるようにしましょう。

中学生の身長を伸ばすには成長ホルモンの分泌量が大切

成長期の中学生の身長が急激に伸びる理由は、成長ホルモンの分泌量が増え、身長を伸ばす仕組みがしっかり機能するから。

だから成長期には、しっかり成長ホルモンを分泌できるようにすることが大切。

成長ホルモンのように体内で自然に分泌されるものも、実は普段の生活習慣や食習慣の影響を受けているので、ポイントを絞って改善すると効果的に改善できます。

成長ホルモンを最も大量に分泌するタイミングは就寝時ですので、睡眠方法を改善するのが最も効果的。

成長ホルモンをしっかり分泌するために必要なことは、

  • 電気を消して真っ暗で静かな部屋で寝ること
  • 寝具にこだわり、快適な睡眠環境を用意すること
  • 睡眠時間の3時間前までに食事を終わらせておくこと

最低でもこの3つのことを意識して、睡眠の質を少しでも高めるようにしてください。

そして入眠後の3時間に2回訪れる、成長ホルモンを分泌するタイミングを逃さないようにしましょう。

一晩に何度も成長ホルモンが分泌されるタイミングはありますが、最初の2回のタイミングが最も大量に分泌されることがわかっていますので、そこを活用することが大切。

さらに微量の成長ホルモンを積み上げるためにも、運動を行うことも意識してください。

運動開始後15分後〜運動終了後3時間の間で、微量ですが成長ホルモンが分泌されていますので、その積み重ねも非常に大切ですし、運動が骨端線の刺激となります。

その結果、成長ホルモンの影響を最大化することができ、しっかりと骨を伸ばして、身長を伸ばすことに繋がりますので、出来る限り運動も意識して行いましょう。

子供の身長を伸ばす際に大切なタンパク質摂取量が減少している

そして、子供の成長に必要なタンパク質をしっかり摂取することが大切です。

食の欧米化が進み、戦後急激にお肉の消費量が増えたので、タンパク質もしっかり摂取できていると思う親御さんが多いと思いますが、実際には違う結果に。

タンパク質摂取量は、1950年に68g、1994年に79.7gと順調に増加していましたが、その後経過し、2015年には69.1gまで激減しています。

これは戦後の日本人の平均身長が伸び始める前の1950年代とほぼ同じ量まで低下していますので、成長期の中学生の身長が伸びないのもこの影響を受けたから。

タンパク質は骨の骨端線の軟骨細胞部分で、骨が伸びる際に最も最初に使用されるコラーゲンを構成する要素。

だからタンパク質(アミノ酸)が不足すると、骨の骨格部分を作ることができずに、骨が伸びず、身長が伸びないという悲しい結果になります。

さらにタンパク質は、成長ホルモンや筋肉、血管や臓器などを作る際の原材料としても体内で使われていますので、成長期には大量に摂取する必要がある本当に大切な栄養素。

それが戦後間もない状態と同じレベルまで低下してしまえば、身長が伸び悩んだり、体がうまく成長できなくてもおかしくない話です。

タンパク質を効率的に摂取できるカラダアルファがおすすめ!

しかし中学生になると異性の目を意識してダイエットをしてみたり、食事量が増えずにタンパク質を効率的に摂取できない状況があるのもわかります。

部活や運動を行っている子供でも、どれだけしっかり食べているつもりでも運動量に応じたタンパク質を摂取できているのかと言えば、それも別の話でしょう。

基本的には普段の食事で、タンパク質を中心に様々な栄養素をバランスよく摂取することが大切ですが、それも難しい話だと思います。

そこで効率的に、タンパク質やその他の成長に必要な栄養素をバランスよく摂取できる方法を知っておくことも大切。

それがカラダアルファという、成長期の10代専用の身長サプリメント。

実は息子の身長がしっかり伸びたのも、カラダアルファを1年間飲ませたから。

カラダアルファで摂取できる栄養素の53.8%は、天然成分のスピルリナを中心としたタンパク質です。

しかもスピルリナには、50種類以上の豊富な栄養素がバランスよく含有されており、その吸収率は95%以上とWHOも認めるレベル。

スピルリナを含んだ身長サプリメントはありますが、原材料の4割もスピルリナを使っている身長サプリメントは、カラダアルファ以外にはないんです。

だからこそ、成長期の中学生がしっかり身長を伸ばしたいのなら、スピルリナをしっかり含有しているカラダアルファを活用することが、タンパク質離れの現代にピッタリの方法。

本当にしっかり身長を伸ばしてあげたいのなら、どうやってタンパク質を効率的に摂取することができるのか?という部分を本気で考えてあげてください。

今すぐクリック→【参考サイト】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!

カラダアルファの効果が実感できると、3袋セットが一番人気!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!